「私が住む家」:新ドキュメンタリーが米国麻薬戦争の経済的、道徳的失敗を検証

1月28日、サンダンス映画祭のドキュメンタリー部門でThe House I Live In(『私が住む家』)が最高賞である審査員大賞を受賞しました。同映画は、米国が過去40年間に麻薬関連の逮捕に1兆ドル以上を使ったにもかかわらず、麻薬はより安く、より純度が高く、かつてないほどに手に入れ易くなったことに疑問を呈してします。同映画は、いわゆる“麻薬戦争”の道徳的、実際的失敗だけでなく経済的失敗も検証し、薬物乱用を“戦争”としてではなく、公衆衛生の問題として取り組むよう米国に求めています。我々に必要なのは「麻薬を刑事司法問題でなく、公衆衛生問題として理解する、米国での全く新しい対話です」と、同映画の監督ユージーン・ジャレキは言います。「それは、現体制が“我々は間違っていた”と言わなければならないということです」。同映画の中でも取り上げられていますが、息子が麻薬中毒に陥いる中、ジャレキが成長するのを助けたナニー・ジェターからも話を聞きます。同映画の中から、The New Jim Crow(『新しい黒人差別』)の著者ミシェル・アレクサンダー、カナダ人医師でベストセラー作家ガボール・マテ、「THE WIRE/ザ・ワイヤー」の製作者デビッド・サイモンを取り上げた部分の抜粋を放送します。

最近のニュース

2020/10/16(金)

  • クリステン・クラーク弁護士 バレット最高裁判事の承認を急くごとは投票権や公民権を危険にさらす
  • ロー対ウェイド判決を守る ウェストバージニア州の母親中絶体験を語りバレット判事の最高裁入への反対を熱弁
  • ダークマネーとバレットの指名 巨大汚染企業とアフォーダブルケア法・中絶権・LGBTの権利への全面攻撃のリンク

2020/10/15(木)

  • 「集団免疫」をめぐる討論: 配慮あるアプローチか 数百万人もの死者や重症者を出す愚行か
  • 気候変動の存在について明言を拒否するエイミー・コニー・バレット 米憲法修正第1条は「抗議する権利」も保護していることを忘れる

2020/10/14(水)

  • トランプ大統領が選挙を遅らせたり、平和的に権力を移行することを拒否することはできるか、上院公聴会での質問に、エイミー・コニー・バレットは回答を拒否
  • 中立を守るとエイミー・コニー・バレットは言うが、活動履歴は「過激な保守」だと、ダリア・リトウィック
  • 非民主的な機構の改革が、民主主義にとって安全な最高裁を生む、サムエル・モイン

2020/10/13(火)

  • 「国民に決めさせろ!」 エイミー・コニー・バレットの公聴会での抗議デモが共和党の権力掌握と医療保険制度改革法への攻撃を非難
  • 裁判所の抱え込み:少数派支配を強固にするべく数十年をかけ判事を配置した共和党
  • 不正司法は不正選挙につながる:アリ・バーマンが語るバレットの公聴会と共和党による有権者の抑圧

2020/10/12(月)

  • アイ=ジェン・プー 「トランプのCOVID-19対策の軽視はホワイトハウスの家事労働者を「完全に度外視」
  • 「彼らの気持ちがわかる」 元ホワイトハウス執事の息子 トランプは住居スタッフの健康を危険にさらした
  • 軍事化による弾圧のなか、先住民の土地保護活動家たちがオオダム地区の抵抗運動を推進