10億ドルのクイズ:リビアの反体制派って誰のこと?

リビア指導者ムアンマル・カダフィ氏の住居と軍事施設から成る政権の中心拠点を制圧したことで、リビアの反体制派は首都トリポリの掌握を確実なものにしました。ただしリビア指導者の所在は不明なままで、本人が新聞社に寄せた声明によれば、「勝利か死のどちらかだ」と、徹底抗戦を誓っています。トリポリからの報道では、外国人ジャーナリストの拠点となっているリクソス・ホテルの周辺ではまだ激しい銃撃の音が聞こえているようです。同ホテルに立てこもる数十人のジャーナリストたちは武装したカダフィ派勢力に警備され、出るに出られない状態です。アラブ連盟は23日、リビアの議席を反体制派に与えるかどうかを検討する協議を今週中に開くと発表しました。アラブ連盟は数カ月前にカダフィ政権から議席を剥奪していました。英国の国家安全保障会議は本日、反体制派の連合体である「リビア国民評議会」を財政的に支援するため、リビア資産の凍結解除を協議します。ロンドン大学のアジア・アフリカ学院のジルベール・アシュカル教授に話を聞きます。「反体制派とはなに者か? それは本当に難しい質問だ。10億ドルのクイズですよ」とアシュカルは言います。「NATOの仲間うちでさえも同じ質問が出てきますから」と。

最近のニュース

2020/8/11(火)

  • ベイルートの爆発をめぐる市民の怒りの中でレバノン内閣が辞職 抗議デモは構造的改革を要求
  • 米国はなぜパンデミックに負けたのか:エド・ヤングが語るCOVID-19が地球上で最強の国に屈辱を与えた過程
  • 「刑務所は人間の居住にはふさわしくない」:新型コロナウイルスの死者数25人に 声を上げるサン・クエンティンの囚人たち

2020/8/10(月)

  • レバノン内閣総辞職 大爆発、経済危機、腐敗に怒る抗議デモうけ
  • トランプ大統領は郵便投票への攻撃の一つとして大統領選前に郵便事業を妨害するつもりか
  • 数百万人が強制退去や失業に直面 トランプの新大統領令は何の助けにもならない

2020/8/7(金)

  • 「世界一危険な男」 メアリー・トランプ 叔父のトランプを政権から追うべき理由を語る

2020/8/6(木)

  • 「人類の終焉の始まり」:広島の原爆投下から75年 被爆生存者による核兵器への警告
  • 米国政府とハリウッドが秘密裏に協力し 日本への爆撃をいかに正当化したかを明らかにする

2020/8/5(水)

  • 「絶望と破壊」ベイルートの医師 港湾地区での大爆発後の 惨状を語る
  • ジャーナリストのラミ・コウリ 「ベイルートの爆発は長年のレバノン政府の無能と腐敗への追い打ち」
  • 巨大ハイテク企業の終焉? 「犯罪者並みの」態度と権力独占にフェイスブック、アマゾン解体の声が高まる