マニング・マラブルによる新しい伝記の波紋 マルコムXの生涯と業績に関する議論が再燃

執筆に20年をかけたマニング・マラブル博士の新しい伝記、Malcolm X: A Life of Reinvention(『マルコムX:創られた人生』)が完成しました。マラブル博士はこの著書のため、最近、入手可能になった資料を使い、この高名な公民権指導者に新たな光をあてました。けれども、この伝記はいろいろと物議をかもしてきたマルコムXの生涯、およびその政治と業績の解釈に関する議論を再燃させています。マラブル教授の伝記を論じるために3人のゲストによる座談会をお届けします。アミリ・バラカは高名な詩人、戯曲家、音楽史家、ニュージャージー州ニューアーク在の活動家です。ハーブ・ボイドはハーレム在の活動家、教職者、オンライン雑誌「ブラックワールド・トゥデイ」の編集者でもある著述家で、アムステルダム・ニュース紙はじめ複数の出版物に執筆しています。マイケル・エリック・ダイソンはジョージタウン大学の社会学教授でMaking Malcolm: The Myth and Meaning ofMalcolm X(『マルコムXの誕生  マルコムXの神話と意味』)など、多数の著作があります。

最近のニュース

2017/11/23(木)

  • イップ・ハーバーグ追悼:「オズの魔法使い」に虹をかけた男

2017/11/22(水)

  • 告発者を「嘘つき」呼ばわりするトランプ大統領 信じてもらえないという女性たちの恐れを助長
  • レベッカ・ソルニット:セクシュアル・ハラスメントを終わらせることは 男らしさの概念を変え女性蔑視文化を突き崩すこと
  • 米連邦通信委員会(FCC) ネット中立性解体の動き 市民の支持とインターネットへの平等なアクセスを守る法を無視
  • 被保護資格を取り消されたハイチ人たち 地震とハリケーン被災後の「混乱の国家」への国外退去に直面

2017/11/21(火)

  • 自宅で妻と娘、兄、甥を殺されたイラク市民 米国の空爆を語る
  • 数え切れない数:米国防総省が認めるよりはるかに多くのイラク市民が米国による空爆で殺されたとニューヨーク・タイムズ紙が報道

2017/11/20(月)

  • ジンバブエのムガベが辞任拒否 意義ある改革は「クーデターでは実現しない」と識者
  • パリ協定よりピッツバーグが大事とトランプ 当のピッツバーグ市長はパリ協定の実施を宣言
  • パリ協定離脱を誓約するトランプに逆らいバージニア州知事が太陽エネルギーや風力への投資推進を主張

2017/11/17(金)

  • 「掘り出すな」:COP23終了 欧州最大の露天掘り炭鉱で活動家たちが抗議
  • COP23は気候・エネルギー・格差の相関性を取り上げない 活動家らが非難 
  • パリ協定の立案者「石炭利用が増えるようでは気候変動と闘えない」
  • トム・ゴールドトゥース:CO2排出権の取引は汚染を許すために空気と森林を民営化する「詐欺」