デモクラシー・ナウ!学生字幕翻訳コンテスト

審査員紹介


◆特別審査員◆

中野晃一(NAKANO Koichi):政治学
上智大学国際教養学部教授,グローバル・コンサーン研究所 前所長

東京都生まれ.東京大学,英オックスフォード大学卒業.米プリンストン大学大学院博士課程修了,PhD.著書に『右傾化する日本政治』『戦後日本の国家保守主義』,共著に『民主党政権失敗の検証』『グローバルな規範/ローカルな政治:民主主義のゆくえ』など.

グローバル時代と言われますが、メディア界でも大国や企業の論理が優先し、普通の人びとの声はかき消されがちなのが現実です。そのなかで非営利・独立を貫く「デモクラシー・ナウ!」はアメリカのみならず世界で広く信頼を得ています。その生きた情報を日本に伝えるために重要なのが字幕翻訳ですが、実際にチャレンジすることを通じて、グローバルな問題について理解を深め、英語運用能力に磨きをかけてみませんか?

影浦峡(Kageura Kyo):言語学
東京大学大学院情報学環/教育学研究科教授

札幌市出身。東京大学教育学部・マンチェスター大学科学技術研究所卒。PhD。所属は図書館情報学。専門は言語とメディア。得意分野は雑談ときのこ採りと翻訳。

デモクラシー・ナウ! 「グローバル化」と言われながら、何もしなければ限られた視点からの限られた情報しか入ってこない今、そして既存メディアの一部が「御用」メディアへと変容し、民主主義が危機にさらされている今、独立系メディアの役割はますます重要性を増しています。上質のコンテンツを対象とした字幕翻訳コンテストに参加し、グローバルなコミュニケーション力を磨きながら、新しいメディアのかたちを一緒に創りだしていきましょう。

◆審査員からひとこと◆

長沼美香子(NAGANUMA Mikako):通訳学・翻訳学,機能言語学
神戸市外国語大学英米学科教授

愛知県生まれ.広島大学卒業,広島大学大学院・豪マッコーリ大学大学院修士課程修了,東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了,博士(学術).「NHKニュースで英会話」の原稿執筆,共編著に『日本の翻訳論:アンソロジーと解題』,共訳書に『通訳学入門』『翻訳学入門』など.

このコンテストで使用される字幕シートでは、「字幕」にする前の翻訳プロセスを重視しています。そして、そのようなプロセスも審査の対象となり、地道なリサーチに基づいた内容理解が試されます。独立報道番組「デモクラシー・ナウ!」の字幕翻訳を通して、商業メディアとは異なる視点から情報の発信者になりませんか。若い知的探究心に大いに期待しています。

田辺希久子(TANABE Kikuko):翻訳実践,翻訳教育
神戸女学院大学教授

東京都生まれ.青山学院大学国際政治経済研究科修了(修士)、ノンフィクション英日出版翻訳者として訳書多数。著書にPractical skills for better translation,『英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル』など.

デモクラシー・ナウは世界でも、日本でも、すぐれた内容の報道メディアとして専門家の間で高く評価されています。若い方々も、いちど触れればそのすばらしさに気づかずにいられないでしょう。私の大学でも多くの学生さんがデモクラシー・ナウを使って勉強しています。本コンテストを機会に、全国の学生さんに翻訳の醍醐味を味わいつつ、世界で起こっていることへの関心を高めていただきたいと思います。

山田優(YAMADA Masaru):翻訳学・通訳学
関西大学外国語学部教授

東京生まれ.米ウエストバージニア大学卒業, 同大学院修了, 立教大学大学院博士課程修了, 博士. 社内通訳者・実務翻訳者を経て、最近は翻訳通訳研究に没頭する. 『翻訳通訳学の新地平』(共著・分担執筆), 『よくわかる翻訳通訳学』(分担執筆)など.

『デモクラシー・ナウ』のコンテンツに字幕を付与するというプロセスは、認知的に深い処理が要求されるので、高い学習効果が期待されます。そのため、コンテストに参加することで得られる「学び」は大きいと考えられます。教育的意義も大きいです。このコンテストの機会を活かし、日本のメディアにない視点と翻訳力を磨きましょう。

中野真紀子(NAKANO Makiko):
デモクラシーナウ・ジャパン代表

同志社大学,英国エセックス大学比較歴史学修士,外資系企業調査部を経て翻訳著述業.思想家エドワード・サイードの自伝や評論.ノーム・チョムスキーのメディア論や中東論などの書籍のほか,映画『チョムスキーとメディア』や『アウト・オブ・プレイス』の字幕担当.

デモクラシーナウ・ジャパンは2007年から番組の日本語版ウェブサイトを運営しています。このサイトは様々な方々が参加し、みんなの協力で続いてきました。日本語字幕版の制作に参加することによって、国内メディアにはない視点から現代の事象を捉えることができます。責任ある「報道」のためには、単に日本語にするだけではなく、自分で情報を探し、背景や事実関係の確認をすることが不可欠です。また、字幕で効果的に伝えるには大幅な言葉の圧縮が必要なので、内容の深い理解と的確な日本語の選択が鍵になります。そうして得た知識をきちんと伝達することによって、現実社会にささやかな貢献をすることもできます。デモクラシーの担い手になる、社会意識の高い自立した思考の持ち主を育てるために、字幕翻訳コンテストは格好の教材だと思います。