« 前  

2021年1月25日(月)

  次 »
  • 【21/01/25/1】ジョー・バイデン大統領は、パンデミックや経済危機などについて迅速な対応を約束しましたが、その政策の多くは上院で十分な支持を得ることができるかどうかにかかっています。上院では長年、前代未聞の数の法案が、そのフィリバスター(議事妨害)を打破するために「スーパーマジョリティ」と呼ばれる60人の賛成票が必要となる事態が続きました。このほど進歩派や人権団体は民主党指導部に対し、フィリバスターを廃止しなければ共和党上院はオバマ政権時のようにバイデン法案も妨害するだろうと警告し、フィリバスターの廃止を要求しました。新刊Kill Switch: The Rise of the Modern Senate and the Crippling of American Democracy(『キル・スイッチ:近代上院制度の台頭とアメリカ民主主義の機能不全』)の著者で元上院補佐官の経歴を持つアダム・ジェントルソンは、「歴史的にみると、フィリバスターは人種問題の進展の阻止と多数意見の妨害のために使われてきました」と言います。「起草者たちはフィリバスターを存在させたくなかったのです。創設時の上院にフィリバスターをする権限はありませんでした。上院は多数決の機関として設計されたのです」。

  • 【21/01/25/2】新型コロナウイルスがいかに経済的不平等を増幅したか、反貧困の活動家ウィリアム・バーバー牧師とともに見ていきます。バーバー牧師はバイデン大統領の就任礼拝で説教を行なった牧師です。バーバー牧師は、人種差別や貧困、環境破壊と戦うための重要改革がジョー・バイデン大統領の重視する団結の犠牲になってはいけないと言います。「クンバヤ(黒人霊歌のひとつ)を歌うだけでは駄目です。根本的な変化でなければなりません」と師は言います。「新型コロナウイルス感染が拡大した2020年5月から11月の間、超富裕層は1兆ドルも儲けました。その一方で、あらゆる人種、信条、肌の色、セクシュアリティの貧困層と低所得層は苦しみ、今後も苦しみ続ける。そんな私たちが世界で最も豊かな国であるはずがありません」。

  • 【21/01/25/3】ニューヨーク市のハンツ・ポイント食料市場の労働者は、新しい3年契約に圧倒的多数で同意し、1週間に及んだストライキは終了しました。ストライキは全米から注目され、ブロンクスに本拠を置く事業で働くエッセンシャル・ワーカーを支えるコミュニティを元気づけました。チームスター・ローカル202労働組合の組合員約1400人は1月17日、1ドルの賃上げと、ハンツ・ポイント市場がコロナ・パンデミックの間ニューヨーク市民の食を支えていることを認識することを要求して、ストライキに入りました。同市場はニューヨーク市の食料品のほぼ60%を供給しています。経営側は当初32セントの賃上げを提示していました。しかしピケを組んで1週間後、地域からの広範な支援が集まった労働側は、今後3年間について1時間につき1ドル85セントの賃上げと家族への医療給付の改善を勝ち取りました。チームスター・ローカル202労働組合長ダニエル・ケインは、「彼らはお互いの決意とまともな処遇という基本的な要求を共有し、肩を寄せ合って抵抗しました」と労働者の闘争について語ります。「彼らは戦いました。そして尊厳を持ち帰りました」。

Syndicate content