« 前  

2021年1月14日(木)

  次 »
  • 【21/01/14/1】米下院は、ジョー・バイデンの大統領選勝利を覆す目的で、連邦議会議事堂への乱入を煽った疑いでドナルド・トランプ大統領を弾劾訴追する決議案を可決しました。トランプは2度弾劾された初の米大統領として任期を終えます。民主党議員に加えて共和党議員10人が賛成票を投じ、弾劾訴追決議案が232対197票で可決されたため、トランプは再び上院で弾劾裁判に直面することになります。憲法学者ジョン・ボニファスは、下院は「責任を果たした」、次は上院が迅速に弾劾裁判の手続きを進めるべきだと言います。「大統領がその座に留まることを許した責任の一端は、前回の弾劾裁判で有罪判決に賛成票を投じなかった議員にあります。トランプが繰り返し権力を乱用したことは明らかで、それが連邦議会議事堂への暴力的な攻撃へとつながったのです。」ボニファスは「人々のための言論の自由」(Free Speech for People)」共同創設者で代表です。

  • 【21/01/14/2】白人至上主義者の暴徒が米連邦議事堂を攻撃し、トランプがそれを扇動したとして歴史的となる2度目の弾劾を受けることになましたが、このような事態になったことへの責任を求める闘いを見ていきます。1月6日の攻撃に参加した、現役の警察官を含むトランプ支持者たちは、暴動へ関与したとして全米各地で逮捕されています。ジョー・バイデンの就任式を前に、FBIは全米の警察署長に対し、国内での右翼によるテロ攻撃に備え警戒を強めるよう警告しています。国防総省は首都ワシントンへ2万人の国家警備隊を配備させると発表しましたが、これはイラクとアフガニスタンへの派兵数総数の倍であり、先週の暴動時とは全く異なる反応です。「1月13日に弾劾が可決されたことは、トランプの時代の中核をなした暴力と人種差別がついに頂点に達したことの結末なのです」と、プリンストン大学アフリカ系米国人学准教授で、ニューヨーカー誌にも寄稿するキーアンガ・ヤマッタ・テイラーは言います。「米国政府はドナルド・トランプによって完全に制御不能にされたのです」

  • 【21/01/14/3】米国のコロナウイルス感染者数は、記録をすべて塗り替えています。COVID-19のワクチン配布が遅すぎるとの不満の声が増す中、米疾病管理予防センター(CDC)は今後3週間でさらに9万2000人が犠牲になる可能性があると警告しています。全米各地で医療機関が逼迫しており、ICUの病床数が足りていません。新たなデータによれば、感染拡大の震源地と言われるロサンゼルス郡では、このパンデミックが始まって以来、3人に1人という圧倒的な数の人がコロナウイルスに感染しました。本日は、疫学者でネブラスカ大学医療センター公衆衛生カレッジの学部長アリ・カーンに話を聞きます。カーンは元CDC公衆衛生準備対応室室長でもあり、戦略的全国備蓄を監督した経験もあります。米国は統計的には厳しい状況ではあるものの、より積極的にパンデミックに反応した他国の例を見ると、感染を抑え普通の生活に戻ることは可能だと言います。「科学をきちんと利用すれば、米国でも同じようにすることが可能です」

Syndicate content