« 前  

2020年10月28日(水)

  次 »
  • 【20/10/28/1】10月26日、ペンシルベニア州フィラデルフィアで、メンタルヘルスの問題を抱えた27歳の黒人男性ウォルター・ウォレス・ジュニアが警官2人に射殺され、警察の廃止を求める抗議活動が2晩目となりました。この銃撃事件は、メンタルヘルスなど社会福祉事業への予算を数十年にわたって削減し、そのいっぽうで、警察部門への予算を増やし続けてきたことが引き起こしたものだと、作家で活動家のマーク・ラモント・ヒルは指摘します。ヒルは、「手に持っているのがハンマーだけであれば、すべての問題は釘のようにしか見えない」と自説を語ります。ヒルはテンプル大学のメディア研究と都市教育論の教授で、“We Still Here: Pandemic, Policing, Protest, and Possibility”(『私たちはまだここにいる:パンデミック、治安維持、抗議、可能性 』 )の著者です。

  • 【20/10/28/2】総選挙が1週間後に迫りましたが、トランプ大統領による、ペンシルベニア州など負けることのできない激戦区に対する、投票監視の呼びかけを検証しましょう。トランプは「すべてを自分を大統領の職から降ろそうとする左翼の陰謀のように描写しています。」こう語るのは、フィラデルフィアのテンプル大学でメディア研究と都市教育の教授を務めるマーク・ラモント・ヒルです。「トランプが、このような『軍隊』を作ろう、自分が組織する治安部隊に参加をと、白人ナショナリストの支持者に向かって呼びかけるのは、彼がはっきりと自分の劣勢をわかっているからです」。

  • 【20/10/28/3】ケンタッキー州ルイビルでブレオナ・テイラーが警察官に射殺された事件で、大陪審員のうち2人が初めてテレビ・カメラの前で語りました。二人は、テイラーの死につながったルイビルの警察官の行動は「犯罪に相当する」と述べ、関与した警察官が殺人罪もしくは故殺罪にあたるかを検討する選択肢は共和党のダニエル・キャメロン州司法長官から提示されなかったと言います。この発言に対しテンプル大学のメディア研究と都市教育論の教授マーク・ラモント・ヒルは、「最初から、真実から注意をそらし、不正直で、ブリオナ・テイラーやその家族にうわべだけでも正義を届けることをまったく意にかけてないのは明らかでした」と言います。ヒルはさらに、逆にテイラーの家族にとって少なくとも責任の所在が明らかにされるべきだったと指摘します。

  • 【20/10/28/4】チリの最新情報をお伝えします。チリでは国民投票が行われ、ピノチェト独裁政権時代の憲法の改正を圧倒的多数の国民が支持しました。これを祝って、数万人が街頭に繰り出しました。2019年に社会経済的格差に対する大規模な抗議行動が国を揺るがし、社会改革への道に踏み出してからちょうど一年となります。チリ最大のフェミニスト擁護団体コルディナドラ・フェミニスタ8M(Coordinadora Feminista 8M)の広報担当ハビエラ・マンツィは、この国民投票は、何十年にわたり政治家たちが対応を拒んできたことを国民が実現させたものだ、と言います。ジャーナリストのパブロ・ビバンコにも話を聞きます。チリの新自由主義は、長年にわたりラテンアメリカで倣うべき手本と見なされつづけてきたと、パブロは言います。「今回の国民投票によって、チリ型モデルや新自由主義のうたい文句がウソだというメッセージが、ラテンアメリカ全域に発信されました」。

Syndicate content