« 前  

2020年10月19日(月)

  次 »
  • 【20/10/19/1】2020年大統領選挙まで残すところ2週間となりました。調査報道サイト『インターセプト』記者のジェレミー・スケイヒルとトランプ大統領のこれまでの4年間を検証します。スケイヒルは自身のポッドキャスト「インターセプテッド」で、音声ドキュメンタリー7回シリーズ「アメリカの神話」の4回目を公開しています。トランプ大統領の4年間を批判的に検証し、より大きな歴史的文脈のなかに位置づけるシリーズです。スケイヒルは、トランプは白人至上主義者の自警団を強化し、法執行機関に対してはその差別主義的現状を強化するために超法規的行動をとることを許可したと言います。スケイヒルはまた、「ドナルド・トランプは米国史の例外や異端ではなく、米国の暴力性、破壊性、差別性、外国を嫌悪する性格をきわめて明白に表す存在なのです」と言い、注意を喚起しました。

  • 【20/10/19/2】調査報道サイト『インターセプト』のジェレミー・スケイヒルと、スケイヒルが新たに制作した7回シリーズの音声ドキュメンタリー「アメリカの神話」について話します。「アメリカの神話」では、いかにトランプの外国嫌悪的移民政策が現在の移民、これから予想される移民の生活を悲惨にするための「精巧で緻密な作戦」だったかを検証しました。移民には、暴力を逃れてきた避難民も含まれます。スケイヒルはまた、トランプの政策がきわめて悪意のあるものだったとしつつ、「この国は長きにわたり、差別主義的な移民政策を取り続けてきました。その点では民主党も共和党も同じです」と指摘します。

  • 【20/10/19/3】2016年にドナルド・トランプは互いに矛盾するメッセージを携えて大統領選挙に立候補しました。イラク戦争の遺産、軍事的冒険主義を批判する一方で、同時に戦争犯罪をおこなうことを約束し、帝国主義の推進を誓いました。トランプの記録を振り返ります。調査報道サイト『インターセプト』共同創設者ジェレミー・スケイヒルは、トランプの国際的規範の軽視や他国虐めは、歴代大統領の行動と一致していると言います。「ドナルド・トランプは問題の根源ではありません。トランプはアメリカ帝国主義の歴史の産物なのです」。

  • 【20/10/19/4】トランプ大統領は新型コロナウイルスのホットスポットでもある接戦州で選挙活動を続けています。調査報道サイト『インターセプト』のジェレミー・スケイヒルは、これまで約22万人の死亡、数百万人の罹患を招いた米国のパンデミック対応について、トランプが直接の責任を負っていると主張します。「トランプの政策は殺人的だったと言うほかない」とスケイヒルは言います。スケイヒルは、トランプ時代を検証する7回シリーズを音声ポッドキャストで配信中です。

Syndicate content