« 前  

2020年8月25日(火)

  次 »
  • ノースカロライナ州シャーロットの共和党大会は、ジョー・バイデンが大統領になれば米国が破壊される可能性があるという切迫した警告によって開幕しました。2期目の候補に正式に指名された後にトランプ大統領が行った異例の演説の抜粋を放送します。その中で彼は、、民主党員たちは大統領選の不正選挙を計画をしていると証拠もなく主張しています。米国の新型コロナウイルスの死者数が17万7000人を超えているにも関わらず、トランプのパンデミックへの対応を夜通し繰り返し称賛した他の演説者たちの抜粋も放送します。

  • 献身的な共和党支持者たちが共和党大会に集結している一方で、トランプ大統領打倒を求める、かつて共和党運営に関わっていた人たちのグループが、激戦州の有権者を標的にした400万ドルの広告キャンペーンを始めました。この反トランプ広告は、無尽蔵の資金を調達し使うことができるスーパーPAC(特別政治活動委員会)の1つである「ザ・リンカーン・プロジェクト」(The Lincoln Project)によって資金提供されています。長年の共和党の政治コンサルタントで、ザ・リンカーン・プロジェクトのシニア顧問でもあり、5回の共和党大統領選挙戦で戦略家を務めたスチュワート・スティーブンスに、トランプによる共和党の乗っ取り、トランプの再選を阻止する、いわゆる「トランプ反対」(Never Trump)の共和党員たちによる取り組み、スティーブンスが「近現代の共和党にとって人種は原罪である」という理由について話を聞きます。

  • 気候変動によって加速する山火事がカリフォルニア州を覆いつくし、記録的な熱波と致命的なパンデミックの中、数万人の消防士たちが火災と闘うために州全土に派遣されています。カリフォルニアの前線にわずか時給1ドルで通年派遣されている1300人以上の囚人消防士たちが、いかに火災と闘っているかを検証しましょう。州刑務所での新型コロナウイルスの大流行によって消火活動に関われる囚人消防士の人数が限られており、多くの人が奴隷制と呼ぶ搾取的システムによる囚人労働に、加速する一方の山火事シーズンの制御を州がいかに頼っているかを露呈しています。「彼らは、囚人消防士が足りないとは口にしません。消防署の骨格を成しているのは囚人消防士なのに」と、1月に釈放されるまでサン・クエンティン州立刑務所で消防士だったラシード・ロックハートは言います。

Syndicate content