« 前  

2020年4月14日(火)

  次 »
  • 米国は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の報告された感染件数と死者数の双方で世界首位になっていますが、全米の新型コロナウイルスのホットスポットにある病院からは、重症患者の急増に対処するなかで起きている悲惨な状況が報告されています。「我々は、なぜ医療にこれだけ多くの金をかけている国が(マスクやガウンや検査といった)基本的な装備の生産に依然として問題を抱えているのか自問するべきでしょう」と、デモクラシー・ナウ!の共同司会者フアン・ゴンザレスは言います。彼は、自分の92歳の母親をニュージャージー州の救急病棟に連れて行った際、彼女に検査を受けさせるのにどれくらい大変な思いをしたかを話してくれます。「私たちのように裕福な国が今の状況を払拭できないというのは、とんでもないことです。これは、新自由主義思想が市場をいかに支配しているかという事実からきている、と本当にそう思います。」

  • コロナウイルスが全米中にまん延する中、米国の250万人の農業労働者は毎日仕事に出かけています。そして多くの場合、防護具もないまま密集した不衛生な条件で低賃金のために働いているのです。「イモカリー労働者連合」(Coalition of Immokalee Workers)の農業労働者のリーダーであるジェラルド・レイス・チャベスに話を聞きます。彼は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の危機の中でフロリダ州の農業労働者たちが直面している状況と、彼らがいかに同州のロン・デサンティス知事に彼らを守ることを求めているかを話してくれます。「出稼ぎ女性労働者のための正義」(Justice for Migrant Women)の代表兼設立者で、「女性農業労働者全国同盟」( National Farmworker Women's Alliance)の共同設立者であるモニカ・ラミレスにも話を聞きます。

  • 精肉工場での新型コロナウイルス感染の急増を検証します。1つの事例だけでも、スミスフィールド・フーズ社の施設内で350人以上の労働者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性と判明、米国の豚肉生産の5%を請け負う工場を閉鎖しました。一方、ペンシルベニア州、ジョージア州、コロラド州では食肉処理場の労働者の死亡が報告されています。多くの食肉加工施設は、滞在資格を持たない労働者を含む多数の移民を雇っています。「フード&ウォーター・ウォッチ」(Food & Water Watch)の代表兼設立者のウェノナ・ホーターと、タイソン・フーズ社の本部があるアーカンソー州スプリングデールを拠点とする鶏肉工場労働者のための擁護団体「ベンセレーモス」(Venceremos)の代表であるマガリー・リコリに話を聞きます。

Syndicate content