« 前  

2020年4月13日(月)

  次 »
  • 米国の新型コロナウイルスの死者が2万2千人を超え世界最大となるなか、ここに至るまでのトランプの行動をニューヨーク・タイムズ紙が暴露しました。“He Could Have Seen What Was Coming: Behind Trump’s Failure on the Virus”(「トランプ大統領は何が起こるか分かったはずだ:トランプのコロナウイルス対策失敗の裏側」)の筆頭執筆者であるエリック・リプトンと検証します。

  • 新型コロナウイルスの大流行地となったデトロイトで、マラリア治療薬のヒドロキシクロロキンの新型コロナウイルスに対する有効性について全米初の大規模な研究が行われようとしています。トランプ大統領は数週間にわたり、医療専門家の警告にもかかわらずこの薬を推奨してきました。以前デトロイト保健局長を務め疫学者でもあるアブデル・エル=サイード医師に聞きます。「トランプ大統領が大々的に宣伝していることは非常に問題です。ヒドロキシクロロキンは危険な副作用を伴う恐れがあることがわかっているからです」とサイード医師は言います。

  • コロナウイルスが大流行するなか、デトロイトでは、水道料金の滞納者数千人に対し支払いを猶予し水道供給を再開する措置が先月取られたにもかかわらず、数千人の市民が水道を止められたままになっています。ミシガン州のCOVID-19による死者が約1500人に達しているなかでの供給停止であり、死者の40%を占めるのは州民の14%に過ぎないアフリカ系アメリカ人です。水道の供給回復のために住民と働いてきたコミュニティ牧師で活動家のロスリン・ブイールから詳しく聞きます。

Syndicate content