« 前  

2018年11月14日(水)

  次 »
  • 数カ月にわたる誘致キャンペーンの後、アマゾン社はいわゆる「第2本社」の設置場所をワシントンD.C.郊外のバージニア州アーリントンとニューヨーク市に分けることを正式発表しました。税控除その他の優遇措置で30億ドル以上の誘致インセンティブを約束されたうえでの決断です。このニュースを受けて、ニューヨーク市のロングアイランドシティにあるアマゾンのオフィス複合施設の建設予定地で抗議行動が起こりました。抗議者たちは、市当局や州政府がアマゾン社をニューヨーク市に誘致するため大規模な税控除やその他の優遇措置を惜しみなく提供していると非難しました。誘致のために約束した中には、ニューヨーク州の納税者のお金で、世界一の大富豪であるジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)のためにヘリポートを建てることさえ含まれます。地元の政治家の多くが、この設計画を支援したとしてニューヨーク州とバージニア州の当局者を公然と批判しています。新本社の建設で5万人の雇用が創出されるとされています。ニューヨーク州議会議員のロン・キムに話を聞きます。キム議員は、この誘致計画を阻止して、アマゾン社への助成に使われる納税者の金を学生の債務救済にあてるようにする法律を提案しています。彼は最近、ニューヨーク・タイムズ紙に“New York Should Say No to Amazon”(「ニューヨークはアマゾンにノーと言うべきだ」)というタイトルの意見記事を共同で書きました。

  • アマゾン社は、新設する第2本社の受け入れ地として、2つの都市を選択しました。バージニア州アーリントン市にあるクリスタルシティとニューヨーク市クイーンズ区にあるロングアイランドシティです。アマゾンはこの決定に至るまでに14カ月かけて候補地を模索し、同社のふれ込むところの「50億ドルの設備投資と数千人の雇用創出」を獲得するために、どれほどの税制上の優遇措置、税金を投じたインフラの整備、企業に有利な条例を提供できるかを全米の都市を競わせました。バージニア州知事で民主党のラルフ・ノーサムは、アマゾン本部の誘致決定を「バージニア州にとって大きな勝利」と呼び、ビル・デブラシオ(Bill de Blasio)ニューヨーク市長も同様にアマゾンの決定を喜びました。しかし地元の政治家の多くは、二カ所合わせて5万人の雇用を創出するとされる新本社誘致を後押ししたニューヨークとバージニアの州当局を公然と批判しています。アマゾンと企業優遇政策についての円卓会議を開催します。ニューヨークでは、ニューヨーク州議会のメンバーであるロン・キム議員に話を聞きます。彼は最近、ニューヨーク・タイムズ紙に“New York Should Say No to Amaon”(「ニューヨークはアマゾンにノーと言うべきだ」)という見出しの意見記事を共同で書きました。ワシントンDCでは、経済開発インセンティブを監視する団体「良質雇用が先」(Good Jobs First)の事務局長グレッグ・リロイに話を聞きます。また、メイン州ポートランド市からは、「地方の自立研究所」(Institute for Local Self-Reliance)の共同ディレクター、ステイシー・ミッチェルに話を聞きます。彼女はBig-Box Swindle:The True Cost of Mega-Retailers and the Fight for America’s Independent Businesses(『ビッグボックス詐欺~~メガ小売事業者の真のコストと米国の独立事業者のための闘い』)の著者です。

  • ジム・マティス米国防長官は本日(14日)、テキサス州マッカレン市に向かい、ドナルド・トランプ大統領が米メキシコ国境に配備した数千人もの兵士たちの一部を訪問します。米国境へ向かう中米の移民McAllenキャラバンに対するトランプ大統領の攻撃的態度が激しさを増すなか、テキサス州、カリフォルニア州、アリゾナ州には現在、約6,000人の現役軍人が駐留しています。トランプ大統領は、駐留兵の数は15,000まで膨らむ可能性があると警告しましたが、その数はアフガニスタンに駐留する米兵よりも多く、イラクに残留する米兵のほぼ3倍に当たります。国防総省は中米移民キャラバンを脅威として見ていないにもかかわらず、国境への軍隊配備には2億2000万ドルもの費用がかかる可能性を指摘する報道もあります。マティス長官訪問の数日前には、トランプ政権が、新移民規制を発表し、入管で手続きを取った入国者以外の亡命申請は受けつけないとしています。この動きをアメリカ自由人権協会(ACLU)は「違法」と呼んでいます。エルパソに拠点を置く人権擁護団体「人権のための国境ネットワーク」(Border Network for Human Rights)の創設者で所長のフェルナンド・ガルシアに話を聞きます。また、リオ・グランデ・バレーのコミュニティ・ニュース『ネタ』(Neta)の編集者で移民レポーターのリズ・カステロとも話します。

Syndicate content