« 前  

2018年9月14日(金)

  次 »
  • カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事が開催する「グローバル気候行動サミット(Global Climate Action Summit)が13日に始まりましたが、先住民活動家や気候正義活動家たちは正門を封鎖して抗議しました。この抗議活動のさなか、会場内にはブラウン知事と、気候アクション国連特使のマイケル・ブルームバーグ元ニューヨーク市長がいました。抗議者たちはサミット本会議でブルームバーグの演説を中断させました。デモクラシー・ナウ!は抗議活動の行われる街頭とサミット会場で取材しました

  • 抗議者たちが13日にカリフォルニア州の「グローバル気候行動サミット」(GCAS)を紛糾させた一因は、ジェリー・ブラウン知事が排出量取引制度(キャップ・アンド・トレード)を支持していることです。排出量取引制度とは、政府が排出レベルの上限を定め、それに基づき企業が排出権を売買するのを認めるという、市場主導型の戦略です。カリフォルニア州にはアメリカ合衆国内で最も大規模な排出量取引制度プログラムがあります。ブラウン知事は昨年、共和党のアーノルド・シュワルツェネッガー元知事の時代に始まった排出量取引制度の州法の延長する書面に署名しました。ブラウン知事は排出量取引制度を、州の温室効果ガス排出量を制限すると手段として評価していますが、問題に対する環境団体の意見は割れています。国家資源防衛審議会(Natural Resources Defense Council)の気候・クリーンエネルギープログラムの責任者ピーター・ミラーと、先住民気候アクション(Indigenous Climate Action)の創設者・事務局長でアサバスカ・チペワ・ファーストネーションの一員エリエル・デランジェをお招きして議論を行いました。

  • 100人以上の先住民・気候正義運動の活動家たちは11日サンフランシスコで、カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事が主催する「気候変動と森林破壊の対策本部」(Climate and Forest Task Force)の会合に、会場の外から抗議活動を行いました。抗議者たちはブラウン知事や対策本部メンバーに手紙を届けようと試みました。デモクラシー・ナウ!は抗議活動が行われている街頭の様子を取材しました。

  • カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事の「グローバル気候行動サミット」が同州サンフランシスコ市で開催中です。気候変動対策の中でも異論の多い解決策のひとつ「地球工学」について考えます。「気候操作」とも呼ばれる地球工学は、温室効果ガス排出の影響の低減を狙う意図的な地球の改造のことです。そうした提案はすでに世界中の政府機関、科学者、企業などによって検討されています。地球工学の支持者たちは急進的な方法で地球を操作することを認めており、硫黄酸化物を含むエアロゾルを成層圏に噴射したり、大気中の二酸化炭素を除去することなどが提案されています。しかし、このような「テクノロジーによる対処」は気候変動の根本的原因の解決にはつながらず、むしろ地球を危険に晒す危険があるとの批判もあります。ETCグループの理事であり、「気候正義連盟」(Climate Justice Alliance)創設メンバーで理事のゴーパル・ダヤネニと、ハーバード大学工学・応用科学スクールの応用物理学教授でハーバード・ケネディー行政大学院の公共政策学教授のデビッド・キースの二人を招き討論会を行いました。キース教授は、大気中から二酸化炭素を捕まえる技術を開発する会社、「カーボン・エンジニアリング」の創設者です。

Syndicate content