« 前  

2017年1月3日(火)

  次 »
  • 共和党優位の新議会が1月3日に開かれました。下院共和党員たちは、最初の取り組みの1つとして、以前起きた共和党の倫理スキャンダルを受けて採用した改革を取り消し、議会倫理局を骨抜きにすることを可決しました。同法案は、議会倫理局という調査機関から権限と独立性を奪い、議会の内部調査で議員たちにより多くの権限を与えるものです。団体「パブリック・シチズン」(Public Citizen)の選挙資金と政府の倫理を担当する政務ロビイストで、2008年に設立された議会倫理局が始動するのを助けたクレイグ・ホルマンに話を聞きます。彼は「議会倫理局によって下院で取られた倫理行動は文字通り4倍になりましたが、同局は今後機能しなくなるでしょう」と言います。

  • ドナルド・トランプは大統領選挙遊説中、自身の税金を明らかにすることを拒否しました。「パブリック・シチズン」(Public Citizen)のクレイグ・ホフマンは、トランプが抱える相反する膨大な数の利害のためにトランプ政権にはスキャンダルが待ち受けていると言います。「こうした利害の相反を何とかする手段が取られなければ、トランプ政権は人々に記憶に残るうちで最もスキャンダルにまみれた政権の1つになる可能性が高い」とホルマンは主張します。

  • 新年を祝う最中のナイトクラブで発砲し39人を殺害した男の捜索に絡み、トルコの警察は、イスタンブール全土での一連の立ち入り捜査を開始しました。ISISは、ナイトクラブ「レイナ」での1月1日の攻撃の犯行声明を出しました。トルコ当局は1月2日、容疑者の2つの写真を公開しました。当局は、トルコ軍が1月2日ISISの標的を攻撃し22人を殺害したとも述べています。イスタンブールから、ボアズィチ大学の政治学の準教授であるコーレイ・カリスカンと、米国クルド情報ネットワーク(American Kurdish Information Network)代表のカニ・シュラムに話を聞きます。

  • イギリス人歌手のレベッカ・ファーガソンは、ビリー・ホリデーの『奇妙な果実』を歌っていいいなら、ドナルド・トランプの就任式で公演する招待を喜んで受けると述べました。番組では、ルイス・アランという芸名を使ったエイベル・ミーアポルが、この曲の歌詞をどうやって作ったかを議論します。エセルとジュリアス・ローゼンバーグ夫妻の息子で、エイベル・ミーアポルの養子であるロバート・ミーアポルに話を聞きます。ローゼンバーグ夫妻は、核の機密情報をソビエト連邦に渡した共謀罪で1953年6月19日に処刑されました。ミーアポル兄弟は、彼らの母親の名誉を回復し、彼女の没後冤罪立証をすることをオバマ大統領に最後の望みとして訴えています。

Syndicate content