« 前  

2016年8月4日(木)

  次 »
  • 8月4日、米国「緑の党」の全国大会がテキサス州ヒューストンで開幕し、ジル・スタインが同党の指名を勝ち取るとみられています。彼女は、バーニー・サンダースの支持者を味方につけることができるのでしょうか?先週、当番組ではピュリッツァー賞に輝くジャーナリスト、クリス・ヘッジスと元労働省長官ロバート・ライシュに、今年の大統領選について討論をしてもらいました。ヘッジスはジル・スタインへの支持を表明しています。予備選中はバーニー・サンダース支持だったライシュは、現在はヒラリー・クリントンを支持しています。ライシュは1993から97年まで、ビル・クリントン政権の労働長官を務めました。

  • オバマ大統領は6年前、企業に無制限の選挙献金を許す最高裁のシチズンズ・ユナイテッド判決を受けて、米国の選挙に海外企業からの資金が流入する日も近いと国民に警告しました。今回、連邦選挙に外国企業が実際に献金を行っている直接証拠が初めて明らかになりました。調査報道サイト『インターセプト』が入手した文書によれば、中国国籍の人物が所有する企業が、著名な共和党派弁護士のアドバイスを受けてジェブ・ブッシュの政治資金管理団体(スーパーPAC)に130万ドルを献金しました。今回の暴露記事について、『インターセプト』に連載記事 ”Foreign Influence”(「外国による影響力」)を共同執筆したリー・フォング記者に話を聞きます。

Syndicate content