« 前  

2016年7月29日(金)

  次 »
  • ヒラリー・クリントン元国務長官は、主要政党の大統領候補指名を受諾した初めての女性として歴史に名を刻みました。「今夜、私たちは、より完璧な国民の団結を目指す道のりで、一つの節目にたどり着きました。主要政党で初めて女性が大統領候補に選ばれたのです。私は、母の娘として、そして娘の母親として、ここに立ち、この日が来たことをとてもうれしく思います」とヒラリーは話しました。

  • 民主党全国大会最終日の28日も、会場では抗議が起こり続け、 「戦争はもう嫌だ」という声が夜通し鳴り響きました。サンダースの代議員数十人が着ていた蛍光色グリーンのシャツには「Enough is Enough(もう沢山だ)」と書かれており、壇上の演説者が交代するあいだアリーナの照明が落とされるたびに、暗闇に浮かび上がりました。ほかの多くの代議員も様々なプラカードを掲げていました。例えば「フラッキングを今すぐ禁止せよ」、「#民主党全国大会メール漏えい」、「ジル・ステイン」(緑の党の大統領候補)などです。デモクラシー・ナウ!は会場を後にした直後のカリフォルニア代議員に話を聞きます。

  • 民主党全国大会でヒラリー・クリントンが演説をする中、何百人もの抗議者が彼女の指名に抗議をするためにゲートの外に集結しました。デモクラシー・ナウ!は現場にいました。

  • 国務長官ヒラリー・クリントンは主要政党の大統領候補を受諾した初めての女性となり、歴史をつくりました。ニューヨーク・マガジンの一般ライターで、クリントンを10年取材しているレベッカ・トライスターに話を聞きます。彼女の最新の記事は”Hillary Is Poised to Make the 'Impossible Possible'—for Herself and for Women in America”(ヒラリーは彼女自身と全米の女性の不可能を可能にしようと構えている」です。また、シアトル市で全労働者の最低賃金を1時間当たり15ドルまで引き上げるのを促した社会主義者の市議会員クシャマ・サワントにも話を聞きます。

  • 元国務長官ヒラリー・クリントンの歴史的なスピーチを特集する本日の2時間放送の後半で、彼女のスピーチの一部を紹介しながら、LGBT(性的少数者)人権活動家のサラ・マクブライドの話を聞きます。彼女は主要政党の全国大会で初めて性転換した女性であることを公にした人物です。

  • 民主党全国大会で行われたヒラリー・クリントンの歴史的スピーチに先立って登壇した主要スピーカーのひとりはノースカロライナ州のウィリアム・バーバー牧師でした。「我々がユダヤ人の子供とパレスチナ人の子供を愛し、イスラム教徒も、キリスト教徒も、ヒンドゥー教徒も、仏教徒も、そして無宗教だけどこの国を愛している人々もすべて愛する時、我々の民主主義の根幹が復活するのです」とバーバー牧師は話しました。

  • 民主党全国大会の会場では抗議が続き、「戦争はもう嫌だ」(No more war)という合唱が夜遅くまで聞こえました。一部の代議員は抗議のために党大会の会場から退場しました。デモクラシー・ナウ!は会場にいたとき、退役海軍大将ジョン・アレンが登壇し、それに対する抗議が始まりました。

  • ヒラリー・クリントンの歴史に残る大統領候補指名と「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)運動が民主党の政綱に与えている影響について二人の討論をお送りします。キーアンガ=ヤマッタ・テイラーは、プリンストン大学アフリカン・アメリカン研究の助教授で、From #BlackLivesMatter to Black Liberation (『#BlackLivesMatterから黒人解放まで』 )の著者です。ジャナエ・イングラムは、「ナショナル・アクション・ネットワーク」の元事務局長で、「20/20リーダーズ・オブ・アメリカ」のメンバーです。

  • ヒラリー・クリントンの副大統領候補であるバージニア州上院議員ティム・ケインが27日、プライム・タイムでのスピーチを行い、1980年にホンジュラスでイエズス会の宣教師と過ごした9カ月について話しました。ティム・ケインがホンジュラスで過ごした時期の重要性について更に詳しい話を、ニューヨーク大学ラテンアメリカ研究教授グレッグ・グランディンに聞きます。ネイション誌に寄稿した彼の最新記事は”Eat, Pray, Starve: What Tim Kaine Didn’t Learn During His Time in Honduras”(「食べ、祈り、飢えよ:ティム・ケインがホンジュラスで過ごした時に学ばなかったこと」)です。

Syndicate content