« 前  

2016年7月7日(木)

  次 »
  • ミネソタ州セント・ポールでは、テールライトが壊れているとして停車を命じられた黒人男性フィランド・カスティルが警官に射殺された事件で、数百人が州知事官邸前での抗議に集まりました。7月6日、カスティルは、ガールフレンドのラビィッシュ・レノルズと彼女の幼い娘を乗せた車の停車を警官に命じられました。その後、警官がカスティルに対し発砲し、致命的となったこの事件直後の模様を、レノルズはフェイスブックでライブ中継しました。衝撃のビデオの中で彼女は、車中で瀕死の状態でいるカスティルとその隣にいる彼女と娘に対し、警官が銃を突きつけたままでいる様子を実況しました。全米黒人地位向上協会(NAACP)ミネソタ支部長のネキーマ・レヴィ=パウンズは、「この手の事件で、黒人の被害者や目撃者が犯罪者扱いされるのは珍しいことではありません」と言います。

  • ルイジアナ州バトンルージュでは、7月5日早朝に警官に射殺された5人の子の父親アルトン・スターリング追悼に数百人が集まりました。スターリングは37歳のアフリカ系米国人でした。事件に関与した警官2人はどちらも白人です。目撃者が撮影したビデオには、射殺されたときスターリングが警官に組み伏せられていた様子が映っています。米司法省は今回の射殺事件を調査すると発表しました。スターリングが殺されたことで、バトンルージュでは2日間に渡りデモが行われたほか、6日夜にはミズーリ州ファーガソン、そして、州間高速道路676を封鎖するデモの参加者が逮捕されたフィラデルフィアでも抗議活動が行われました。ルイジアナ州下院議員テッド・ジェームズと、アーティストで活動家でもあるドニー・ローズに話を聞きます。連邦司法省による調査についてテッド・ジェームズ議員は「今回、連邦政府は記録的スピードで反応しました。悲しいのは、このような事件があまりにも頻繁に起こるので、連邦政府も州当局側も警官が黒人男性を射殺した時、どう対応するべきかを学んでしまったということです」と語ります。

  • ルイジアナ州バトンルージュでは、7月5日早朝、5人の子の父親アルトン・スターリングが警官に射殺された事件を撮影した2本目のビデオが公開されました。スターリングは37歳のアフリカ系米国人でした。事件に関与した警官2人はどちらも白人です。このビデオには、スターリングが白人警官2人に組み伏せられている様子が映されています。バトンルージュを基盤とする若者のメンター・プログラム「殺人をやめろ」(Stop the Killing)創設者アーサー・"シルキー・スリム"・リードに話を聞きます。警官によるアルトン・スターリング射殺を収めた1本目のビデオは、リードの組織が提供しました。

  • ワシントン・ポスト紙によれば、2016年初めから全米で505人が警官により殺害されました。アフリカ系の黒人、中でも若い黒人男性に対する警察による暴力数は群を抜いています。ルイジアナ州バトンルージュおよび、ミネソタ州ファルコン・ハイツでの警察による射殺事件について、2人のゲストに話を聞きます。マーク・ラモン・ヒルはジャーナリストでモアハウス大学アフリカ系米黒人学の著名な教授でNobody: Casualties of America’s War on the Vulnerable, from Ferguson to Flint and Beyond(『ノーバディ――ファーガソンからフリントを越えて広がる、米国の弱者に対する戦争の犠牲者たち』)の著者です。マイカル・デンゼル・スミスはネイション誌への寄稿者です。スミスの新著はInvisible Man, Got the Whole World Watching: A Young Black Man’s Education(『インビジブル・マン、世界の注目を浴びる――ある若き黒人男性が学んだこと』)です。

Syndicate content