« 前  

2015年6月30日(火)

  次 »
  • 欧州からの新たな救済の鍵を握る国民投票を前に、数万人のギリシャ人がさらなる緊縮に反対する抗議行動を行っています。このデモは、ギリシャが6月30日の米国東部時間の午後6時の期限までに18億ドルの借款を返済できないことを認め、同国の金融危機が深まり、ユーロ圏からの離脱が懸念される中で行われています。ギリシャでは7月5日の日曜日に、新たな借款と引き換えに予算削減と増税という緊縮提案を受け入れるかどうかについて投票を行う予定です。ギリシャのアレクシス・チプラス首相は、この提案は降伏だとして、「ノー」と投票することを求めています。ニューヨーク市立大学のニューヨーク・シティ・カレッジ・オブ・テクノロジーの社会学教授で、Remaking Scarcity: From Capitalist Inefficiency to Economic Democracy(『欠乏の再定義:効率の悪い資本主義から経済的民主主義へ』)の著者であるコスタス・パナヨタキスから話を聞きます。

  • 6月30日は、イランと世界の主要6カ国によるイランの核計画の抑制をめぐる包括的合意の期限です。イランは外交的な打開に最後の一押しをくわえるべくウィーンに2人の高官を送りましたが、交渉は延長される見込みです。意見の大きな相違点としては、国際査察の受け入れ範囲や協議の最終年におけるイランの核活動などがあります。交渉団はまた、制裁解除のタイミングとイラン政府による核研究の範囲を決めようとしています。過去7年間CNNインターナショナルのためにイランで取材しているジャーナリストのレーザ・サヤから話を聞きます。

  • エジプトの検事総長がカイロで爆弾攻撃によって殺害されました。ヒシャム・バラカトは6月29日、出勤途中に自宅の外の彼の車の隣で遠隔操作爆弾が爆発した後に搬送された病院で亡くなりました。この爆発で他に8人が負傷しました。バラカトは、2013年のムハンマド・モルシ大統領の追放後に数千人のイスラム保守派を裁判にかけたことで、武装勢力の標的になっていました。カイロを拠点とするデモクラシー・ナウ!の通信員シャリフ・アブドゥル・クゥドースから話を聞きます。

  • 国連の潘基文事務総長は、サウジ同盟がイエメンにある国連の複合施設を空爆したことについて徹底調査を求めています。南部の都市アデンにある国連開発計画の事務所が6月28日に空爆され、1人の守衛が負傷しました。イエメンでの人道的危機が高まる中、国連は同国は飢餓寸前と警告しています。最近イエメンを取材した、デモクラシー・ナウ!の通信員シャリフ・アブドゥル・クドゥースから話を聞きます。

  • 伝説的な活動家で、デトロイトを拠点とする地域社会運動のまとめ役、グレース・リー・ボッグズの100歳の誕生日を記念して、番組の一部を彼女に捧げましょう。ドキュメンタリー、American Revolutionary: The Evolution of Grace Lee Boggs(『アメリカの革命:グレース・リー・ボッグズの進化』)の中から抜粋を放送するとともに、公民権運動、ブラック・パワー、労働、環境正義、フェミニスト運動など70年間にわたるボッグズの活動について2008年にデモクラシー・ナウ!がおこなったインタビューを再放送します。

Syndicate content