« 前  

2015年6月22日(月)

  次 »
  • サウスカロライナ州 チャールストンの歴史的建造物エマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会で は、先 週17日に地下室で行われていた聖書勉強会をディラン・ルーフが襲撃して以来初めての礼拝が、21日に行われました。何百 人もの人々が席を埋め、教会の鐘が鳴り響きました。推定2万人の人々が ラベネル橋の上で平和の橋を作り、犠牲者達への連帯を表明しました。20日に見 つかった「最後のローデシア人」(The Last Rhodesian)というウェッブサイトには、南部連合〔南北戦争で敗北した南部諸州の同盟〕の史跡で撮られたルーフの写真と、彼が書いたと思 われる約2500 字の決起の理由を説明した犯行声明文が掲載されています。「ルーフは高校落第生かもしれませんが、白人至上主義の 中では優等生でした」と南部貧民救済法施行機関代表のリチャード・コーエンは言 います。彼は22日のニューヨーク・タイムズ紙に“White Supremacists Without Borders”(「国境なき白人至上主義者」)という題の論説を共同執筆しました。

  • 白 人至上主義者のディラン・ルーフ容疑者が17日に起こした黒人教会での9人のアフリカ系アメリカ人殺害事件は、サウスカロライナの州議事堂の敷地に今もはためく南軍旗への抗議運動に再 び火を付けました。オンライン上に掲載された写真では、ルーフがこの旗を持って、ナンバープ レートに「南部連合国」と書かれた車の前 でポーズをとっています。「人々の税金が南部連合国支援に使われるべきではありません」と、サウスカロライナ州の公民権活動家でありコミュニ ティ・オルガ ナイザーのケビン・アレグザンダー・グレイは言います。グレイは自由人権協会の元州代表で、Killing Trayvons: An Anthology of American Violence (『殺されるトレイボンたち:米国の暴力アンソロジー』)の著者です。 「州議事堂のドームに翻 る旗は、思想の強制です。白人至上主義のイデオロギーへの支持を強制しているのです」と グレイは言います。

  • 公 民権活動家ケビン・アレクサンダー・グレイと南部貧民救済法施行機関代表のリチャード・コーエンが、チャールストンの教会襲撃事件が国内テロであったかどうかを議論 します。ケビン・アレクサンダー・グレイは、「ディラン・ルーフは人間無人機です。オバマ政権は毎週火曜日の朝の会議で、無人機を外国に飛ばして殺すテロリストを決めています。我々には名前もわからないし、わかっ ても発音できないような人々ですよ。だから私は、 『テロ』という言葉を むやみに拡大することに違和感がないとは言い切れない」と言います。しかし、リチャード・コーエンは、この銃撃を「典型的 なテロ事件」と呼びます。「国家とは無関係の犯人が、政治的な動機に基づいて、直接の被害者よ りももっと多くの人々を威嚇する意図で実行した暴力です」と、 コーエンは言います。「場合によっては、このようにテロリズムを語ることは重要だ と思います。無人機を飛ばして、法的な手続きもなしに人を殺すためではなく、自分たちが直面していることの重要性を理解するためです」。

  • デモクラシーナウ! の独占放送で、ジル・スタイン医師が正式に緑の党(Green party)の大統領候補として2016年の選挙に出馬を表明します。「私は大衆に 支えられた選挙運動を行っています。企業からの資金を受けない唯一の全国政 党から出 馬します。」とスタインは言います。医者であり活動家のスタインは 2012年に初めて出馬しました。番組で、彼女の政策の要点を述べます。民主党の指名争いが加熱する中での出馬表明です。民主党の指名争いでヒラリー・クリントンの主要なライバ ルとして浮上してきたのが、バーモント州選出のバーニー・サンダース上院議員です。社会民主主義者を名乗るサンダース議員は、 ここ数週間の世論調査で支持が急増しています。「ヒラリーは、ウォルマートの候補者です。 彼女はウォルマートの取 締役会のメンバーです。 雇用、貿易、保険制度、金融、外交政策のどれをとっても 、我々 に共通点を見つけるのは困難です」とスタインは述べます。。

Syndicate content