« 前  

2014年6月13日(金)

  次 »
  • 米税関国境警備局の報告によると、今年に入って4万7000人を超える同伴者なしの子供が国境を越えた後、拘置されています。これは2013年の1年間の数字の約2倍、2009年の約5倍にあたります。オバマ大統領はこの状況を「人道的危機」と呼んでいます。中には、衝撃的な状態で拘置されている子供たちもいます。アリゾナ州ノガレスの倉庫には、1000人を超える子供達が収容されており、プラスチック容器の中で寝ている子もいると報じられています。2000年に母親を探して単身ホンジュラスから米国に渡ったホセ・ルイス・ゼラヤに話を聞きます。当時13歳だったゼラヤは独りで中米を旅し、4カ月かけてテキサスにたどり着きました。現在はテキサスA&M大学の教育学部で博士課程の学生です。もうひりのゲストはカリフォルニア州ロサンゼルス在住のソニア・ナザリオです。ナザリオは、ピュリッツアー賞受賞ジャーナリストでEnrique’s Journey: The Story of a Boy’s Dangerous Odyssey to Reunite with His Mother (『エンリケの旅:母との再会を求める少年の危険な冒険の旅』)の著者です。

  • イラクのシーア派聖職者の最高権威シスターニ師は、同国の広範な地域を支配下に収めた「テロリスト」に対し、武器を取って立ち上がるようイラク国民に呼びかけました。この呼びかけの数時間前、イスラム主義の軍事勢力がバグダッドの北東の戦略的に重要な町をさらに2カ所掌握し、イラクは国家崩壊の危機に近づいています。ここ数日にわたり、ISIS(イラク・シリア・イスラム国)の軍事勢力がモスルやチクリートなどいくつかの主要都市を制圧しました。一方、クルド人勢力はイラク北部の油田都市キルクークを支配下に収めました。12日、オバマ米大統領は、軍事攻撃の可能性も含め、あらゆる選択肢を排除しないと述べました。一方、ウォールストリートジャーナル紙の報道によると、イランはISISに協力してスンニ派軍勢の巻き返しを阻止するためアルクッズ部隊の派遣を行っています。ナジャフ市にいるサミ・ラスーリに話を聞きます。ラスーリはイラクのムスリム・ピースメーカー・チーム(Muslim Peacemaker Teams)の創設者です。1970年代後半にイラクを出て、米国に移住してミネアポリスに定住し、有名レストランの経営者になりましたが、2004年に、30年近くにおよんだ海外生活に終止符をうち、イラクに帰国しました。

Syndicate content