« 前  

2014年1月31日(金)

  次 »
  • ニューヨーク市の新市長ビル・デブラシオは31日、物議をかもしてきたニューヨーク市警の路上尋問「ストップ&フリスク」プログラムを憲法違反であるとした連邦地方裁判所の裁定に対する控訴を取り下げ、現在係争中の訴訟にけりをつけると発表しました。路上尋問に対しては、2013年8月にシーラ・シャインドリン判事が「警察は間接的な人種的偏見に基づいた行動特徴分析(レイシャル・プロファイリング)の政策に頼っている。警察官たちは「大勢の黒人とラティーノを定期的に路上で尋問しているが、これはもし白人だったら尋問されることはなかった人たちだ」と批判していた。デブラシオ市長が、31日にこのニュースを発表した記者会見には、協力関係にある「憲法上の権利センター」や「アメリカ自由人権協会」の代表も同席しました。「我々は、ニューヨーク市でもっとも対立を煽りやすい問題のひとつを終わらせるために今日ここにいます。アフリカ系アメリカ人とラティーノの若者を標的とした不公正な路上尋問の濫用は、終わりにしましょう」と、デブラシオ市長は述べました。市長とニューヨーク市警の新本部長ブル・ブラットン、路上尋問の被害者ニコラス・パートの談話をお届けします。ゲストは、憲法上の権利センターの法律部門の代表で、ニューヨーク市との訴訟の法廷弁護士でもあるバハー・アズミーです。

  • 高名な脚本家で俳優のウォーレス・”ウォリー”・ショーンはブラジルから帰国したばかり。同国で、自作の戯曲、The Designated Mourner (『指定された哀悼者』)の特別公演をグレン・グリーンウォルドのために行ないました。グリーンウォルドは、国家安全保障局の内部告発者エドワード・スノーデンのストーリーを最初にブレークしたジャーナリストです。この戯曲は、昨年、ニューヨークのパブリックシアターで上演されましたが、グリーンウォルドは米国に戻ると訴追される怖れがあるため、見ることができませんでした。今週も、ジェイムズ・クラッパー国家情報長官がジャーナリストたちもスノーデンの共犯者だったとみなされうると示唆したばかりです。ショーンの戯曲は、3人の登場人物を通して、かつて自由の地だった場所の政治勢力分布が狭小になりつつあることへのく閉所恐怖症を描いています。ショーンには『指定された哀悼者』の他にも、The Fever (『発熱』)、Aunt Dan and Lemon (『ダンおばさんとレモン』)、Grasses of a Thousand Colors (『千色の草』)など数多くの戯曲作品があります。ショーンはまた、俳優としての仕事でも知られ、出演作には、『プリンセス・ブライド・ストーリー』、『トイ・ストーリー』、そしてカルト的人気を誇る1981年の映画My Dinner with Andre 『アンドレとの食事』などがあります。『アンドレとの食事』では、共同で脚本も手がけました。

Syndicate content