« 前  

2014年1月29日(水)

  次 »
  • オバマ大統領は5回目となる一般教書演説で、ねじれ国会となった議会を回避して、大統領の権限を行使する方針であることを宣言しました。オバマ大統領は、連邦政府の委託職員の賃金を上げること、何百人もの人々の退職後の生活のための貯金を支援する「スターター退職貯蓄口座」(starter saving account)を創設すること、また、トラックの燃料効率水準を新しく設定する方針などを発表しました。外交政策においては、イランへの外交的解決策が進展中であるため、イランへの新しい制裁措置については「拒否権を行使する」と明言、グァンタナモ収容所閉鎖をもう一度訴えました。一方、アフガニスタン情勢については、今年がアフガン戦争最終の年とするも、一部の米軍は、アフガン軍の訓練とテロへの報復措置のためアフガニスタンに滞在すると述べました。本日は、『汚い戦争』(Dirty Wars)の映画制作者であり著者でもあるジェレミー・スケイヒルと、元ニューヨーク・タイムズ紙のコラムニストであり、「デモス」(Demos) のボブ・ハーバート、そして「ユナイテッド・ウィ・ドリーム連合」(United We Dream Coalition)のロレラ・プライエリの3人のゲストを迎え、オバマ大統領の演説について話を伺います。「歴史的にも一般教書演説は一種のプロパガンダのようなものです。外交問題においても、表向きに発表している大統領の計画と、実際の現場で行われてる政策には根本的な相違が生じています」とスケイヒルは言います。

  • 国内での不平等問題から外交政策まで、オバマ大統領は第5回一般教書演説を行い、野党側が故意に議事進行を妨害すれば、大統領の権限行使をすると述べました。しかし、オバマの政策は十分なのでしょうか?アカデミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映画、『汚い戦争:世界は戦場である』(Dirty Wars: The World is a Battlefield)の制作者・著者であり、近く立ち上げられる、「ファースト・ルック・メディア」(First Look Media)のシニア調査報道者のジェレミー・スケイヒルと、デモスのDemosの著名なシニアフェローであるボブ・ハーバート、そして「ユナイテッド・ウィ・ドリーム連合」(United We Dream Coalition)のアドボカシー・政策責任者ロレラ・プライエリを迎え話を伺います。

  • 「DREAM連合の」活動家たちは、大統領夫人ミシェル・オバマの招きで、28日の一般教書演説に出席しました。その一人、アリゾナ州から出席した23歳のクリスチャン・アビラは、「家族のための断食」キャンペーンの一環として、移民法改革を推進する22日間の断食をワシントンD.C.の中心部ナショナル・モールで行いました。しかしオバマ大統領は、アビラの件については触れず、移民法についても短い一説を述べて終わりました。「この演説は、5年間私たちが聞き続けている同じレトリックにすぎません。」と「ユナイテッド・ウイ・ドリーム連合」(United We Dream Coalition)のアドボカシー・政策責任者ロレラ・プライエリは述べます。「私たちは、強制送還について大統領にこれ以上譲歩できません。共和党員の移民法についても同様です。私たちは長い間待ち続け戦っています。大統領の言説は、もっと深く、移民法設定について触れるところまで行けたはずです」

  • オバマ大統領は一般教書演説において、「恒久的戦時体制から脱出する」と述べ、最近の無人機攻撃への制限と、イラク・アフガニスタンからの米軍の撤退、そしてグァンタナモ収容所閉鎖の試みに言及しました。オバマはまた、アメリカ国家安全保障局(NSA)の監視プログラムについても触れ、「一般の人々のプライバシーの侵害が行われない」ように改善することを誓いました。アカデミー賞ノミネート作品のドキュメンタリー映画、米国のドローン戦争と海外の標的殺害について取材した『汚い戦争』(Dirty Wars) の制作者ジェレミー・スケイヒルは、「オバマは自らの政策によって、多くの一般市民を殺害した『ドローン大統領』です」と言い、NSA改善については、「ワシントンでの論議の中心は、『これを簡素化しアメリカ国民に納得させるか、それともさらに監視を進めるか』というところにあります」と述べています。

Syndicate content