« 前  

2014年1月21日(火)

  次 »
  • 1年前の2013年1月、インターネットの自由を求める若手活動家で革新的なプログラマーのアーロン・シュワルツが自らの命を絶ちました。シュワルツは、数百万の学術論文を、それらが無料でオンライン上で入手できるべきだという信念に基づいて、マサチューセッツ工科大学のサーバーからダウンロードしたことで裁判にかけられる直前に自殺しました。自殺をした時点で、シュワルツには35年の禁錮刑の可能性があり、彼の支持者らはこの処罰は厳しすぎると見ていました。本日は時間いっぱい、新ドキュメンタリー映画The Internet’s Own Boy: The Story of Aaron Swartz(『インターネットの申し子:アーロン・シュワルツの物語』)を紹介します。同映画の抜粋を放送し、シュワルツの父親ロバート、シュワルツの弟ノア、シュワルツの弁護士エリオット・ピーターズと、同映画の監督ブライアン・ナッペンバーガーから話を聞きます。

Syndicate content