« 前  

2014年1月13日(月)

  次 »
  • 8年間昏睡状態にあったイスラエルのアリエル・シャロン元首相が11日、85歳で死去しました。シャロンは、イスラエルの1948年の建国以降の主な戦争の全てに関与したイスラエルの歴史上最大の政治家の1人です。パレスチナ人にとっては、シャロンはイスラエル・パレスチナ対立の歴史上最悪の政治家の1人でした。彼は入植地建設運動の父とみなされており、また、パレスチナ人とレバノン人2万人を殺害したとされるイスラエルのレバノン侵攻の立案者だったと認識されています。シャロンの遺産について世界的に有名な反体制知識人、言語学者、作家、マサチューセッツ工科大学名誉教授のノーム・チョムスキー、そしてコロンビア大学「アラブ研究のエドワード・サイード教授」を務めるラシード・ハーリディー、さらにオックスフォード大学国際関係学名誉教授のアヴィ・シュライムの3人のゲストに話を聞きます。「亡くなったばかりの人の悪口を言ってはいけないという慣習があり、それにより残念ながら沈黙の誓いのようなものがもたらされている。なぜならば良いところが何もないからだ。彼は残忍非道な人殺しでした。彼には『可能な限り偉大で力を持った、可能な限りパレスチナ人の少ないイスラエル』という彼を生涯動かし続けた固定観念がありました。彼はこの理想の実現のために紛れもなく勇気と責任を示しましたが、それは醜く恐ろしいものでした」とチョムスキーは語ります。

  • イスラエルのアリエル・シャロン元首相の経歴の中で最も衝撃的な事件、サブラ・シャティーラ大虐殺を取り上げます。1982年9月16日から17日にかけて、イスラエル軍がキリスト教系民兵による難民キャンプ襲撃を許可し、2000人ものパレスチナ人が死亡しました。虐殺を調査したイスラエルの特別委員会が、当時の国防相だったアリエル・シャロンに「個人的な責任」があると結論づけたことを受け、シャロンは辞任に追い込まれました。襲撃時にサブラ難民キャンプのガザ病院に勤務していたユダヤ系アメリカ人看護師のエレン・シーゲルによる殺害の記述を紹介し、コロンビア大学「アラブ研究のエドワード・サイード教授」を務めるラシード・ハーリディーと、世界的に有名な反体制知識人、言語学者、作家でマサチューセッツ工科大学名誉教授のノーム・チョムスキーに話を聞きます。

  • イスラエルのアリエル・シャロン元首相の死去に際し、本日は、ヨルダン川西岸地区とガザ地区を分離し、「分離壁」を建設してイスラエル入植地を防護したシャロンの政策が、現在の中東和平プロセスにいかに影響を与えているかを見ていきます。世界的に有名な反体制知識人、言語学者、作家そしてマサチューセッツ工科大学名誉教授のノーム・チョムスキーと、ココロンビア大学「アラブ研究のエドワード・サイード教授」を務めるラシード・ハーリディー、イスラエルとアラブの対立についての第一人者と広くみなされているオックスフォード大学国際関係学名誉教授のアヴィ・シュライムの3人が参加します。「ジョン・ケリー(米国務長官)が行うべきことは、ほぼ全世界といっていいほどに国際的に極めて広く合意されている2国家設立を、国際的に認知されている境界線に基づいて行うことを、推進することです。これは全世界が支持することなのに、米国によって35年間も阻まれ続けています。われわれはその方針を転換し、全世界に加わり、ある程度の平和をもたらすかもしれない施策を実行すべきなのです」と、チョムスキーは語ります。

Syndicate content