« 前  

2013年3月27日(水)

  次 »
  • 米最高裁が同性婚問題に真正面から向き合って2日目、今日の口頭弁論では合法的に結婚したとしても同性婚のカップルには連邦法上の恩恵は与えないとする結婚防衛法(DOMA)の合憲性をめぐる弁論が行われます。1日目の昨日26日は、同性婚を禁じたカリフォルニア州の州憲法修正提案8号(Proposition 8) の合憲性が討論されました。同性婚禁止に異議を唱えている2組のカップルの代理人のテッド・オルソン弁護士はこの提案8号を非難しました。「これはゲイとレズビアンたちを、人生で最も重要な関係である結婚から門前払いするものだ」と彼は言います。「そうして同じカリフォルニア州民の中のあるグループを、彼らの身分を基に烙印を捺し、彼らの最も慈しむ関係を第2級のもの、異形のもの、平等に値しないもの、つまりダメなものだとレッテル張りしているのです」。法廷内での審問の録音の抜粋と最高裁前で記者会見した原告たちの話を放送します。

  • スチュアート・ギャフニーとジョン・ルイスは同性婚の合法化を求める苦闘にずっと深く関わってきました。彼ら2人はカリフォルニアが同性婚を禁じたのは同州憲法に違反していると判決した歴史的な2008年の訴訟でも原告でした。人生を共にして26年の2人は、修正提案8号が可決される前の2008年に結婚もしました。2人とも結婚平等権を求める団体「マリッジ・イクウォリティーUSA」で活動しています。ギャフニーはメディア部長で、ルイスは法務部長です。加えて、ギャフニーは彼の両親の結婚をめぐって存在した法律的な難題のことも重ね合わせます。というのも、彼の母親は中国系アメリカ人、父親は白人だったからです。1948年、カリフォルニア州最高裁は異人種間結婚を合法化しましたが、他の州ではこの結婚は認知されなかったのです。

  • 米連邦最高裁での同性婚に関する審理は続き、今日は結婚防衛法(DOMA)の合憲性をめぐる弁論が行われます。DOMAは1996年にビル・クリントン大統領の署名で法律として発効し、合法的に結婚した同性カップルでも連邦法の恩恵は受けられないことになったのです。DOMAの撤廃を目指す別の訴訟の原告であるディーン・ハラに話を聞きます。彼は米連邦下院議員だった故ゲリー・スタッズの夫です。スタッズは米議会史上初のオープンリー・ゲイ(ゲイであることを公言している)議員でした。ハラはスタッズがカムアウトを決めたその決心について話します。「彼が身を以て示したように、カミングアウトは他の多くの人たちに自分たちも立ち上がろうという自信と勇気を与えたと思います」とハラは言います。「そしてその行動こそがいま私たちをこの場所に導いたものだと思う。ストーンウォールの反乱から50年近く、ゲリーが下院の議場でカムアウトを宣言してから30年、私たちは今すでに別の世界に住んでいるのです」

  • 26日、ノースダコタ州知事ジャック・ダリンプルが3つの法案に署名し、事実上中絶を禁じることになる法律が発効しました。これは、少なくとも妊娠3カ月以内の中絶を合法化した40年前のロウ対ウェイド裁判の判決に正面から法的挑戦を仕掛けたものです。法令の1つは胎児の心音が聞こえた時点で中絶はできないとするものです。これは妊娠6週もしくはそれよりも早く起こることことさえあります。もう1つの法令はダウン症などの遺伝子疾患を理由にした中絶を禁じるというもので、これは全米初の州法です。3つ目の法令はノースダコタで唯一存在する中絶クリニックを閉鎖に追い込もことを目的としたもので、州内で中絶手術を行うすべての医師は近隣病院への入院特権【訳注:患者を特定の病院へ入院させることのできるその地方での医師の権利】も持っていなければならないと規定するものです。同州で唯一の中絶手術提供者であるレッドリバー・ウィメンズ・センターの所長タミー・クロメナカーに話を聞きます。また、この反中絶法案に反対票を投じた共和党議員の1人にも話を聞きます。

Syndicate content