« 前  

2012年5月31日(木)

  次 »
  • 3年前の5月31日、中絶処置を提供していた医師のジョージ・ティラーがカンザス州ウィチタの教会で射殺されました。安全な妊娠中絶へのアクセスを制限する新しい法案が作られようとしているなか、産科や婦人科医療施設が依然として暴力の標的にされています。5月の第4週には、ジョージア州の二つの医院とニュー・オリンズの女性団体が放火されました。31日の今日、米下院は胎児の性別に基づいた妊娠中絶を禁止する出生前非差別法案を採決します。ルイジニア州やワシントンD.C.では、妊娠20週を過ぎた中絶を禁止する法案も計画中です。全米妊娠中絶連盟(National Abortion Federation)のビッキー・サポルタと妊娠中絶処置を提供している医師のウィーリー・パーカーに話を聞きます。「ティラー医師を見習って、女性と彼女たちへの治療に彼と同じぐらい献身することを目指しています」とパーカーは言います。産科や婦人科医療施設に対して、最近立て続けにおきている攻撃に触れて、サポルタは「米国内で、妊娠中絶処置への道を制限する法案が、前例のない勢いで続々と成立しています。これは、妊娠中絶に反対する人々が大変巧みに仕掛けた総合的な計略の一部です。この国で妊娠中絶を再び違法にできないのなら、女性が妊娠中絶にアクセスできる道を絶つつもりなのです。」

  • バーレンから、最近刑務所から釈放された二人の政治囚、ザイナブ・アルクハワジャとナビール・ラジャブに話を聞きます。二人とも米国が支援する君主政権に抗議し、勾留されていました。バーレン人権センター(Bahrain Center for Human Rights)代表のラジャブは、一カ月近く勾留されたあと、保釈金を払って釈放されました。「米国とバーレンの良好な関係は我々の地域の自由とデモクラシーのための闘いに役立つといつも思ってきました。しかし、それがまったくの反対だったことが判明したのです」と彼は言います。「(米国は)ここの独裁者、弾圧政権を支援しています。裕福な地域であるばかりに苦しまなくてはならないのです」。父、アブドゥルハディの拘留に抗議し、4月に投獄されたアルクハワジャは誓っています「我々は抗議し続けなければなりません。5回、6回、あるいは10回逮捕されたって構いません。抵抗は終わりません。民主主義と自由のために私たちはすでに多くの犠牲を払ってきましたから」

  • 鉱山会社がハイチを実地調査をしているとのうわさが出て何年も経ちましたが、カナダと米国の企業が、北ハイチに1,000平方マイル以上の土地で金を採掘する権利を得たことを明らかにしました。ハイチの新しい首相は、ハイチの丘にある約200億ドルにも値する鉱物がハイチを外国からの援助に依存する体制から解放するのに役立ち、2010年に起きた破壊的な地震の被害から再建することができると言っています。しかし、この鉱山は外国の投資家にとってはブームであっても、地元コミュニティーにとっては破壊行為になるのではと多くの人々が懸念しています。Gold Rush in Haiti: Who Will Get Rich?(「ハイチのゴールド・ラッシュ:誰が金持ちになるのか」)という報告記事の主著者であるジェーン・レーガンに話を聞きます。この、ハイチ・グラスルーツ・ウォッチによる報告は、ガーディアン紙とハイチ・リベルテに5月30日にに掲載されました。「すでに環境的に破壊された北部にさらに巨大な鉱山を採掘しようという最悪の状況が起きています。この巨大な鉱山はカナダや米国の会社が運営し、掘り出された金とそこからの上がりはほとんどそのまま米国とカナダに行ってしまうのです」とレーガンは言います。

Syndicate content