■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019年の字幕翻訳コンテストの受付を開始しました



2019/7/18(木)

7月17日、プエルトリコでは10万人近くが街頭に繰り出しリカルド・ロセージョ知事の辞任を求めて「リッキー・レヌンシア!」とシュプレヒコールをあげました。これはプエルトリコの調査報道センター(Center for Investigative Journalism)が、ロセージョ知事とその閣僚が交わしていたメッセージ数百件を漏洩したことで始まりました。それらは女性嫌悪、同性愛嫌悪、暴力的なショート・メッセージでした。15日、プエルトリコ独立党のデニス・マルケスは正式に知事への苦情を提出、弾劾も求めています。この事件の前には元教育大臣ジュリア・ケレハー他5人が、連邦予算を使って、不適格ではあるが政治的なコネをもつ請負業者に仕事を回していた容疑で逮捕されています。「ラティーノ・ビクトリー・プロジェクト」(Latino Victory Project)で暫定代表を務めるメリッサ・マーク=ベべリトと、サンフアンよりデモクラシー・ナウ!プエルトリコ特派員のフアン・カルロス・ダビラに話を聞きます。

本日は賞に輝くドキュメンタリーFor Sama(『サマのために』)を見ていきます。この作品はワード・アル=ハティーブ監督が自身の視点で戦乱のシリアを撮影した衝撃的なドキュメンタリーで、彼女は数百時間のフィルムを故郷アレッポで撮影、戦時中の生活を見事にとらえました。空爆で病院が攻撃される中、アル=ハティーブはアレッポに残る数少ない医師と恋に落ち結婚、女児サマを出産します。この映画はその娘に捧げられています。2011年バシャール・アル=アサド大統領に対する抗議運動がはじまった時、彼女はまだ若き経済学部の学生で自分の携帯電話で撮影を始めました。その後、蜂起へのアサド政権の反応がどんどん残虐化する中、5年に渡り自身や周囲の人々の生活を記録しました。最終的な撮影時間は数百時間に上っています。この作品は7月25日に米国公開予定です。公開を前に、ワード・アル=ハティーブ監督と彼女の夫で医師、アレッポの病院の共同設立者で元院長のハズマ・アル=ハティーブに話を聞きます。

最近のニュース

2019/7/18(木)

  • プエルトリコ 下劣なメールと汚職問題で ロセージョ知事の辞任を求め10万人近くがデモ
  • 「これは戦争と言うだけではない 私たちの人生なのだ」戦乱のシリアを描き称賛される貴重なドキュメンタリー『サマのために』

2019/7/17(水)

  • 「彼らはやるべき仕事をやらなかった」:エリック・ガーナーの家族は彼を死なせた警察を司法省が訴追しないことに激怒
  • アマゾンが同業他社より安値で販売を続ける中 労働者は同社に対し公正な賃金と労働条件を要求
  • 世界で一番幸せな場所? ディズニーの遺産相続人がディズニーランドの労働者酷使について批判

2019/7/16(火)

  • 「私たちのチームは大きい」下院議員のオカシオ=コルテス、オマル、タリーブ、プレスリーがトランプの人種差別攻撃を非難
  • 2020年の大統領選出馬フリアン・カストロが移民・税関捜査局(ICE)の解体を公約 トランプの新たな難民申請規則は違憲と言及
  • 大統領選出馬のフリアン・カストロがアマゾン社とマクドナルド社の労働者ストライキを支援

2019/7/15(月)

  • 「残酷さを見せつけるのが目的」 移民当局の強制捜査に移民が震えるなかコミュニティは抵抗に立ち上がる
  • 「私たちは恐怖におののいている」 コロラド州で教会の庇護下にある無届移民が強制捜査を語る
  • 「化石燃料業界のパペット」 豪雨でルイジアナ州と南アジアで死者が出るもペンスとトランプは気候変動を否定

2019/7/12(金)

  • 権利を知ろう:迫りくるICEの国外退去のための強制捜査に移民人権活動家はどう備えるか
  • 追放されたホンジュラスの前大統領マヌエル・セラヤ:2009年の米国支援のクーデターが今日の大量流入危機の一因