■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

対訳ニュースレター 第111号 「学生ローンは第二の住宅バブル」を刊行しました。学生ローンが若者を食い物にし、教育制度そのものを脅かしている状況は、動画「大学は行く価値があるのか? 新作映画が描く高等教育機関の持続不能の支出と学生ローン」で取り上げましたが、その根源にあるのは政府の直接貸し付けの問題です。政府による学生への直接貸し付けが始まって以来、打ち出の小槌のような無限の信用供与が歯止めのない学費の引き上げを可能にしてきました。あまりの学費の高騰は、卒業後の就職と収入の見込みと比較してもはや合理性のないレベルに達しており、すでに2012年に連銀が指摘していたように、バブルの兆候を示しています。金利を据え置き、返済を楽にするといった小手先の手当てでは問題の解決にはなりません字幕動画はこちら、ニュースレターのお申し込みはこのページから


2017/7/25(火)

サンアントニオで10人の移民が死亡 事件が明らかにした米墨国境の人道的危機

テキサス州サンアントニオで、灼熱した大型トラックのコンテナの中に数十人の書類を持たない移民が詰め込まれているのが発見されました。発見された移民の10人の移民が死亡、29人が病院に収容されています。最年少の犠牲者はたった15歳でした。サンアントニオのウォルマートの駐車場で、この移民たちの集団が発見されたとき、8人はすでに死亡していました。その後、さらに2人が死亡し、29人が入院中です。「南部テキサス人権センター」(South Texas Human Rights Center)の代表エディー・カナレスに話を聞きます。

ソニア・ナザリオ 「サンアントニオの悲劇はトランプによる移民弾圧の「予想通りの結果」」

テキサス州サンアントニオで、人身密輸の企てによって10人が死亡しました。米国の国境の取り締まりが、人身取引に貢献すると同時に中米の暴力から逃れてくる移民の死者数を増加させる一因になっている理由を検証します。ピュリッツァー賞受賞のジャーナリストで、「保護を必要とする子供たち」(Kids in Need of Defense)の役員であるソニア・ナザリオに話を聞きます。

米国史を変えた暴動:1967年のニューアークとデトロイトの蜂起を振り返る

50年前の1967年7月、ニューアークとデトロイトの2つの都市で暴動が発生しました。事の発端はニューアークで1967年7月12日、2人の白人の警官がアフリカ系米国人のタクシードライバーを拘束し殴打したことでした。その直後の7月23日、デトロイトの警察がアフリカ系米国人が住む地域の深夜クラブに手入れをこなったことで、別の大規模暴動が起きました。デトロイトでは43人が死亡、ニューアークでは26人が死亡し、両都市で7000人が逮捕されました。この二つの暴動は、ニューアークとデトロイトの二つの街を大きく変え、アフリカ系米国人が政治的力をつけていく時代の幕開けとなりました。「進歩のための民衆組織」(the People's Organization for Progress )の議長ラリー・ハムと、新刊The Fifty-Year Rebellion: How the U.S. Political Crisis Began in Detroit(『暴動の50年:米国の政治危機がデトロイトで始まった過程』)の著者スコット・クラシゲに話を聞きます。

最近のニュース

2017/7/25(火)

  • サンアントニオで10人の移民が死亡 事件が明らかにした米墨国境の人道的危機
  • ソニア・ナザリオ 「サンアントニオの悲劇はトランプによる移民弾圧の「予想通りの結果」」
  • 米国史を変えた暴動:1967年のニューアークとデトロイトの蜂起を振り返る

2017/7/24(月)

  • ミネアポリス警察署長が辞任 非武装の女性を警察が殺害 次の辞任は市長?
  • 犯罪学者フィル・スティンソン:警察は年間約1000人を射殺している
  • 「忘れられた危機」イエメンの救援活動家が世界最悪の人道危機を告発
  • 「一貫性を欠く政策」:米国がイランに追加制裁 トランプがイランの核合意順守を認めた直後に
  • 米国が後押しした1953年のイランクーデターは石油利権のためだったことが機密解除で明らかに

2017/7/21(金)

  • イスラエル批判が刑事罰の対象に:BDS支持者に罰金と投獄 議会が法案可決検討
  • ジャレッド・クシュナーがカタールとの取引に失敗 中東外交危機へのトランプの姿勢に影響か?
  • マコーネル上院院内総務 共和党議員から十分な支持が無いままオバマケア廃止の採決を目指す
  • トランプの「メード・イン・アメリカ週間」推進の陰で「イバンカ・トランプ」ブランドの衣料生産に精根尽き果てるインドネシアの労働者たち

2017/7/20(木)

  • デイビィッド・ケイ・ジョンストン:医療保険制度について「恐ろしく無知な」トランプは 人命よりも利欲を優先
  • デイビィッド・ケイ・ジョンストン:共和党の予算案は金持ちに富を再分配し米国を「警察国家」にする
  • 投票権保護活動家:トランプの不正選挙調査委員会は 投票者抑圧への下準備だ
  • 「トランプとロシア・マネーの関係」:トランプとロシアの新興財閥は数十年来の古い関係
  • マフィアと深い関係:調査報道記者クレイグ・アンガー トランプのロシア・マフィアへの「借り」について語る

2017/7/19(水)

  • キャロル・パリス医師:単一支払者医療保険制度に賛成しない政治家には致命的打撃を与えるようにしなくては
  • 壊滅の危機に瀕するガザ 甚大な電力不足 イスラルのために「中世の生活に後退」
  • 活動家で4児の父 数十年前の有罪判決を理由に荒廃したハイチへの強制移送に直面