■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019年の字幕翻訳コンテストの受付を開始しました



2019/7/12(金)

全米の移民コミュニティとその同盟組織は、日曜日に始まる予定の移民税関捜査局(ICE)による全国規模の一斉強制捜査に備えています。これは移民家族のうち無届けの人を標的にした捜査で、少なくとも9つの主要都市で行われる予定です。具体的にはアトランタ、ボルチモア、シカゴ、デンバー、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、サンフランシスコだと言われています。ニューオリンズもリストに載っていましたが、今週末に市当局が発表したところでは、熱帯低気圧「バリー」のためICEは強制捜査を一時的に延期する模様です。移民人権活動家たちとの座談会をお聞きください。参加者は、アトランタにある「ジョージア州ラテンアメリカ人権同盟」(Georgia Latino Alliance of Human Rights)代表のアデリーナ・ニコルズ、「ロサンゼルス郡強制捜査緊急対応ネットワーク」(Los Angeles County Raids Rapid Response Network)の「人道的移民人権連盟」( Coalition for Humane Immigrant Rights)コーディネーターを務めるシャノン・カマチョ、そして「道を開こうニューヨーク」(Make the Road New York)の共同代表ナタリア・アリスティザバルです。カマチョは、「コミュニティの人々には、ICEが何をしようとドアを開けてはいけないと伝えている」と言っています。

ホンジュラスでは、2009年に米国支援の軍事クーデターが起きて以来、極度の貧困と暴力が激増しており、何万人ものホンジュラス人が国を逃れ、政治亡命を希望して米国にやってきます。ホンジュラスのクーデターから10周年、中央アメリカへの米国の介入と今日の移住危機の関連について、追放されたマヌエル・セラヤ前大統領に首都テグシガルパから話を聞きます。

最近のニュース

2019/7/12(金)

  • 権利を知ろう:迫りくるICEの国外退去のための強制捜査に移民人権活動家はどう備えるか
  • 追放されたホンジュラスの前大統領マヌエル・セラヤ:2009年の米国支援のクーデターが今日の大量流入危機の一因

2019/7/11(木)

  • 「人の道に外れていて 許せない」 バカラン下院議員 移民の子供たちの刑務所での勾留を批判
  • 米女子サッカーW杯優勝は 「性別による差別禁止」と「男女同一報酬」への戦いの勝利だ
  • ジェフリー・エプスタインの性犯罪を許したアレックス・アコスタ 今度は人身売買の被害者救済資金を骨抜きに

2019/7/10(水)

  • 移民の非人道的な扱いは、今に始まったものではない。数十年にわたる2大政党政治の主要な構成要素なのだ
  • ジョン・カルロス・フレイ:メキシコ国境での人命にかかわる米国のひそかな戦争は虐殺に近づいている
  • 気候危機が中米の人々を 母国を離れ米国に向かわせている

2019/7/9(火)

  • 調査報道と被害者の証言はどのように虐待常習犯ジェフリー・エプスタインを倒したか
  • 殺害脅迫を受けながらもグレン・グリーンウォルドがブラジルにおける大規模な汚職スキャンダルの暴露について発言
  • 「これは驚くべきことではない」米国による制裁と武力威嚇が導いたイランのウラン濃縮再開

2019/7/8(月)

  • サッカー女子W杯 男子との報酬差別を批判した米代表チームが優勝 トランプ大統領への批判も
  • トランプとクリントンの友人で大富豪のジェフリー・エプスタインが性的人身売買容疑で逮捕
  • 腹部を撃たれて流産した妊婦への起訴取り下げ 妊娠の中断を犯罪化することへの抗議が高まり