■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019/5/21(火)

16歳のグアテマラ人の少年が5月20日、移民拘置所で1週間過ごした後、米国の拘束下で死亡しました。インフルエンザと診断されてからわずか1日後、カルロス・グレゴリオ・ヘルナンデス・バスケスはテキサス州ウェスラコの国境警備隊詰め所で死んでいるのが見つかりました。彼は病院には連れて行かれませんでした。国境警備隊に拘束されたグアテマラ人児童の死亡は2018年12月以来、これで5人目となります。2018年以前には、10年以上米国の移民当局の拘束下で子供が死亡したケースはありません。テキサス州エルパソに拠点を置く人権擁護団体「人権のための国境ネットワーク」(Border Network for Human Rights)の創設者で所長のフェルナンド・ガルシアと、テキサス州リオ・グランデ・バレーを拠点とし、人権弁護士を長年務めるジェニファー・ハーベリーに話を聞きます。

2018年12月以来、米国の国境警備隊による拘束後に死亡したグアテマラ人児童は5人にのぼります。人権弁護士のジェニファー・ハーベリーと共に、国境で起きている人道危機と、数十年にわたる中米への米国による暴力的介入との関係について検証します。ハーベリーの夫のエフライン・バマカ・ベラスケスはマヤ人ゲリラの司令官で、1980年代にグアテマラ軍に拘束され、その後行方不明となりました。長年にわたる探索活動の結果、彼女は夫の殺害と拷問の隠蔽に米国が関わっていたことを突き止めました。ハーベリーはグアテマラ軍について「私たちが彼らを訓練しました。私たちが彼らに拷問の技術を教えました。私たちが彼らに資金を提供し、彼らに武器を渡したのです」と、言います。「彼らは、彼らが以前に使ったのと同じ拷問技術と恐怖を使ってグアテマラを食い物にしています。そして再び、誰もが米国を目指して北へ押寄せているのです。」テキサス州エルパソに拠点を置く人権擁護団体「人権のための国境ネットワーク」(Border Network for Human Rights) の創設者で所長のフェルナンド・ガルシアからも話を聞きます。

女性の権利擁護運動家ルジャイン・アル=ハズルールがサウジアラビアで女性の運転の解禁と男性による「後見」制度の見直しを求める運動を主導したことで拘束・投獄されてから1年が経ちます。国際社会からの非難にも関わらず、彼女はそれ以来投獄されたままです。彼女の家族はその間、彼女が独房に監禁され、電気ショックとむち打ちと性的暴行の脅しを含む虐待を受けたと言います。サウジ政府は、世界中の人権団体と弁護士による、ルジャインとその他の投獄された活動家たちを釈放するよう求める要請に抵抗しています。ルジャインの2人の兄妹、ワリドとリナ・アル=ハズルールに話を聞きます。

最近のニュース

2019/5/21(火)

  • 拘束し虐待し医療処置を与えない トランプの移民政策が招く国境での児童死亡
  • ジェニファー・ハーベリー 「グアテマラ人児童の国境での死は数十年にわたる米国支援の大虐殺に根差している」
  • 投獄されたサウジの女性解放活動家ルジャイン・アル=ハズルールの家族 「彼女は水責め、むち打ち、電気ショックによる拷問を受けた」

2019/5/20(月)

  • 嘘だらけのジェネリック医薬品 FDAの不十分な監督と業界ぐるみの不正が患者の健康を脅かす

2019/5/17(金)

  • 州新法により中絶施術で99年の禁固刑となる可能性のあるアラバマの医師
  • 中絶容認最高裁判決が覆された場合の米国の姿とは?反中絶法続出ですでに実体験者も
  • 移民保護活動家マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラグビア 国外追放の脅威にも屈せず声を上げ続ける

2019/5/16(木)

  • 「シリア秘密刑務所の内側」:反対派を鎮圧したアサドの拷問機関への悲惨な証言
  • 米環境保護庁が除草剤ラウンドアップは安全と主張するも 陪審はモンサントに20億ドルの賠償金を命じる
  • プラスチック汚染削減に世界各国が大きな一歩を踏み出すも 米国は参加を拒否

2019/5/15(水)

  • アラバマ州、妊娠中絶の権利を認めた連邦最高裁判決を覆す「ステルス キャンペーン」の一環として、ほぼすべての中絶の禁じる法案を可決
  • 脅迫と送電停止にもかかわらず、首都ワシントンD.C.のベネズエラ大使館内にとどまる反クーデター活動家たち
  • メディア・ベンジャミン:イランとの戦争に反対するために反戦運動の構築が必要
  • 独裁政権打倒後、スーダンの抗議運動は軍政から民政への移管を要求