■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。


学生字幕翻訳コンテスト2018の概要を発表しました。受付は6月15日開始です。ふるってご参加ください。


2018/8/15(水)

フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校では、夏休みが終了し、物々しい警備のなか生徒たちが学校に戻ってきました。6カ月前の2月14日、同校の元生徒が半自動のAR-15銃で武装し、17人の生徒、職員、教員を僅か3分間で射殺しました。これは米国の歴史上最悪の銃撃事件の一つでした。 この恐るべき銃撃事件の後、この事件を生き残った生徒の多くが銃規制をめざす活動でリーダー的役割を担うようになりました。ホアキン・オリバーは、同校の事件で命を失った生徒の一人です。デモクラシー・ナウは14日、彼の両親であるマニュエルとパトリシアから話を聞きました。二人は非営利法人“チェンジ ザ レフ(Change the Ref)”を立ち上げ、銃撃事件の悲惨な結果を白日の下にさらすため、都市芸術を利用して非暴力で創造的な銃問題との対決をおしすすめようとしています。

米国・メキシコ国境で強制的に離散させられた家族の3か月以内の再会を政府に命じた判決が出され、その実行期限から3週間近くがたちましたが、トランプ政権は、559人の子どもたちが依然として政府の拘置施設に収容されていることを認めています。このうち360人以上の子どもたちは、米国政府により強制送還された親から引き離された子どもたちです。国境で引き離された家族のほとんどは、故国であるエルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラでの暴力から逃れるための亡命を求めています。ところがこうした親たちは違法に国境を越えた犯罪の容疑で連邦裁判所に告発され、刑務所や拘置所に収容されています。子どもたちは国内各所にある施設に送られていますが、その中には乳児も含まれています。全ての離散家族の再会をトランプ政権に命じる判決を下したダナ・サブラウ判事は、「親がどこにいるか分からなければ、永遠の孤児が生まれてしまうことになる。その責任は100%米国政府にある」と述べました。ジョン・カルロス・フレイ記者から詳しく聞きます。フレイは非営利報道機関マーシャル・プロジェクトの(the Marshall Project)調査報道記者として受賞歴があり、PBS放送のニュース報道番組であるニューズ・アワー(PBS NewsHour)の特別記者を務めています。彼は、ガテマラやメキシコのノガレスへの調査旅行から戻ったばかりです。彼はそこで、難民としての米国への入国を何日間も、あるいは何週間も待ち続けている難民申請者の話を聞いてきました。

トランプ政権が国境での移民に対する取締を継続し、国境で難民申請者は米国への入国が許可されるまで、数日間、あるいは数週間も待つように命じられています。調査報道記者ジョン・カルロス・フレイによれば、こうしたやり方のために、ますます多くの移民が、砂漠を通って入国するという命をかけた危険なルートを辿ろうとする結果をもたらしています。非営利報道機関ザ・マーシャル・プロジェクトの記者からバーリー・ゴールドウォーター爆撃演習場について詳しく聞きます。この演習場は、メキシコのノガレスから国境を越えて広がる広大な土地にあります。この地域は信じられないほど危険な移民ルートの一部ですが、支援者たちはこの地域に入ることを許されていません。フレイの推定によれば、数百人の移民がこの地で命を落とした可能性がありますが、遺体は収容されていないとのことです。

最近のニュース

2018/8/15(水)

  • フロリダ州パークランドの銃撃事件で命を落としたホアキン・オリバーの両親: 芸術を活用して銃暴力の根絶を訴え
  • 調査報道記者のジョン・カルロス・フレイ トランプ政権は今なお国境で家族を離散させていると訴える強制送還された親たち
  • 軍による隠蔽か?数百人の移民が アリゾナのバーリー・ゴールドウォーター爆撃演習場の大規模墓場で死亡した可能性

2018/8/14(火)

  • モンサント社に対する歴史的な判決 癌罹患の校庭整備員に対する同社の「悪意」認める
  • モンサント社 発ガン疑惑の化学薬品を売るための作り話・科学の抑圧・反対意見の口封じ
  • 米国製の爆弾で40人のイエメンの子供が死亡? スクールバスへの空爆における米国の役割に高まる憤り
  • AP通信による調査で判明 イエメン戦争の舞台裏での米国支援のサウジ連合軍とアルカイダの協力関係

2018/8/13(月)

  • 元イラン大使:トランプのイラン制裁再開は戦争行為だ
  • ライアン・ジンキ米内務長官が 2人の抗議者に詰め寄られる 汚職と気候変動問題で
  • 米西部で100件以上の山火事が燃え盛るなか ジンキ内務長官の非難の矛先は気候変動ではなく「急進的な環境保護論者」

2018/8/10(金)

  • コロンビアで歴史的大統領選を繰り広げた元ゲリラの左派政治家グスタボ・ペトロにインタビュー
  • 『オール・フォー・ワン』 米国とロシアの障害を持つ映画製作者が共同制作した感動の新作ドキュメンタリー

2018/8/9(木)

  • 気候変動を止めなければ カリフォルニアの山火事は「これから起ることに比べれば穏やかにみえるだろう」
  • 刑務所の消防士プログラムは奴隷労働か? 追加時給1ドルで州史上最大の山火事と戦う
  • 米国が長崎に原爆を投下してから73年 生存者が核戦争の脅威を警告