■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

対訳ニュースレター 第110号 移民が「不法」になったわけを刊行しました。米国は「移民の国」です。なのに、なぜ今これほど多くの人々が「不法移民」として国外退去処分におびえながら暮らしているのか? 中南米を専門とする歴史学者アビバ・チョムスキーは、メキシコ人移民が「不法」になった経緯を、米国の移民政策の人種偏見と安価な労働力を求める経済圧力の視点から、明瞭に解き明かしてくれます。字幕動画はこちら、ニュースレターのお申し込みはこのページから

2017/4/25(火)

4月24日の夜に執行されたアーカンソー州での衝撃的な2人の死刑執行について、ガーディアン紙の主任記者エド・ピルキントンに話を聞きます。同じ州内で2人が同じ日に死刑執行されるのは、約17年ぶりのことです。現地時間の午後7時20分、52歳のジャック・ハロルド・ジョーンズはカミンズ州立刑務所の死刑執行室で死亡が確認されました。医務スタッフたちは、45分以上にわたって彼の首に薬物を注射しようとしましたがなかなかうまくいきませんでした。裁判所記録によると、ジョーンズの死刑執行の間、彼は「唇を動かし空気を求めてあえいでいた」そうです。これは、薬物注射の間、彼が意識を持ち続けていたことを示しています。2人目の死刑囚マーセル・ウィリアムズの弁護団は、ジョーンズの死刑執行を受け、ウィリアムズの死もまた不手際で苦痛を伴うものになる可能性があるとして、死刑執行停止を求める最後の要請をしました。地方裁判官は最初、ウィリアムズの死刑執行の一時停止を容認しましたが、その後、死刑執行を進めることを許可しました。ウィリアムズは、午後10時33分に死亡が確認されました。この2つの死刑執行の前、米最高裁には法的異議が申し立てられていましたが、最高裁は、ウィリアムズの死刑執行の一時停止を却下しました。今回の判決に異議を唱えた判事は、ソニア・ソトマイヨール判事だけでした。前回米国で2人の死刑執行が同日に行われたのは2000年のテキサス州です。

ドナルド・トランプが大統領として100日目を迎える4月29日が近づいていますが、彼の支持率は、ここ数十年のどの歴代大統領の同期間よりも低いものです。NBCニュースとウォール・ストリート・ジャーナル紙の最近の世論調査によると、彼のこれまでの仕事ぶりを評価しているのは、米国民のたった40%であることがわかりました。トランプはツイッターで、この世論調査は「完全に間違っている」と述べました。一方、元大統領候補の上院議員バーニー・サンダースは、米国で最も人気のある政治家の1人として浮上しています。ザ・ヒル紙は、ハーバード―ハリス世論調査によると、登録有権者の57%が彼に好意を持っていることを示していると報じています。一方、サンダースの元支持者の一部は、「バーニーを民衆党へ引き抜こう」(Draft Bernie for a People’s Party)という運動を立ち上げ、彼が新たな進歩的な党を始めて2020年に再び大統領に立候補することを求めています。バーニー・サンダースの選挙運動の元支援コーディネーターであるニック・ブラナと、ハーバード大学の公共哲学実践学の教授であるコーネル・ウエストに話を聞きます。ガーディアン紙に掲載のウエストの最新記事のタイトルは、The Democrats delivered one thing in the past 100 days: disappointment(「民主党議員たちがこの100日でもたらした唯一のもの:失望」)です。

1000人以上のパレスチナ人の囚人による、イスラエルの刑務所内での大規模なハンガーストライキが、9日目に突入しました。団体「ボイコット、投資停止、経済制裁運動」(Boycott, Divestment and Sanction Movement あるいは BDS) の共同設立を称えて授与される2017年ガンディー平和賞を受賞するため来米中のパレスチナ人活動家オマール・バルグーティに話を聞きます。バルグーティは受賞式典で、この賞をハンガーストライキ中のパレスチナ人たちに捧げました。バルグーティは、イスラエルの警察に逮捕されパスポートを剥奪され出国を禁じられたため、もう少しで受賞式典に出席できないところでした。最終的にイスラエルの裁判所が彼の渡航禁止を一時解除しました。

最近のニュース

2017/4/25(火)

  • アーカンソーの2人の死刑執行の目撃者:囚人の最後は不手際な苦痛を伴うものだったかもしれない
  • コーネル・ウエストとサンダースの元スタッフ 新党「民衆党」へのバーニー引き抜き運動開始
  • BDS運動の指導者オマール・バルグーティ 受賞したガンディー平和賞をハンガーストライキ中のパレスチナ人囚人たちに捧げる

2017/4/24(月)

  • 世界各地で何十万人もが街頭へ 地球規模マーチ・フォー・サイエンス
  • フリントの水道汚染問題を暴いたイラク系米国人医師 トランプと入国禁止令をマーチ・フォー・サイエンスで厳しく批判
  • 「法廷で会いましょう」 気候変動でトランプ大統領を告訴した子供たち マーチ・フォー・サイエンスで訴え

2017/4/21(金)

  • 米政府アサンジの逮捕状を準備  ウィキリークス訴追はすべての報道の自由への脅威とグレン・グリーンウォルド
  • 衝撃的な事実が判明 トランプの取引仲間とISISにつながる自警集団がインドネシアでクーデターを企図 

2017/4/20(木)

  • エイルズCEOの次は人気アンカー ビル・オライリー:セクハラ・スキャンダルでFOXニュース上層部男性が相次ぎ失脚
  • 泥棒政治?:米政権への関与で私腹を肥やす イヴァンカ・トランプと夫ジャレッド・クシュナーの手法
  • 「2003年の侵攻以来 最大の人道的危機」:モースル奪回の戦いをアナンド・ゴパル記者が語る

2017/4/19(水)

  • 警察が報告書を改ざん? 殺人事件で容疑者を有罪にするため? 兄の無罪を証明しようとした妹の発見
  • マサチューセッツ州 薬物事件2万1000件以上の有罪判決を棄却 化学分析官が9年にわたって証拠改ざん
  • 州化学分析官による証拠捏造 麻薬事件で有罪判決を受けたティモシー・テイラーに聞く
  • バークレーで 白人ナショナリストとネオナチ 右翼武装集団が反ファシストの抗議者と激突