■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

対訳ニュースレター 第106号は 「アイスランドの海賊党」です。昨年10月末に行われたアイスランドの総選挙は、デジタル政党を標榜する異色の存在「海賊党」が世論調査をリードして大きく注目されました。残念ながら第一党にはなれませんでしたが、議席を三倍に伸ばし、着実な政治勢力として今後の政治に影響を与えそうです。元はといえば市民運動やウィキリークスとの協力に根を持ち、情報開示を中心に根本的改革をめざす未来志向の政党です。「情報天国アイスランド」をめざして最先端を疾走するビルギッテさんのインタビューです。字幕動画はこちら、ニュースレターのお申し込みはこのページから


2016年度の審査結果を発表しました。
来たる1月22日(日)には上智大学四谷キャンパスで授賞イベントを行います。学生以外の方も歓迎です。ふるってご参加ください。

2017/1/19(木)

1月19日はオバマ大統領の任期最終日です。20日正午に米最高裁所長官ジョン・ロバーツが、第45代米国大統領ドナルド・トランプの宣誓就任式を執り行います。18日、オバマ大統領は大統領としての最後の記者会見で、米陸軍の内部告発者チェルシー・マニングを減刑に処した決断について説明するとともに、イスラエルによる入植拡大を非難しました。オバマ大統領は更に、自身が米国の本質的価値観とみなす価値がリスクにさらされた場合、発言を控えるつもりはないと、次期大統領にくぎを刺しました。オバマ大統領の功績と、新政権の前途について、プリンストン大学アフリカン・アメリカン・スタディーズ学部長エディ・グロード教授に話を聞きます。グロード教授には複数の著書がありますが、最新作はDemocracy in Black: How Race Still Enslaves the American Soul(『黒人による民主主義――未だに人種差別に囚われるアメリカの魂』)です。

1月18日の記者会見でオバマ大統領は、イスラエルの入植拡大で「二国家共存」が不可能になっていると警告しました。「イスラエルがユダヤ国家として、民主主義として存続することと、この問題を同時に解決する方法を私は見いだせずにいる」とオバマ大統領は語りました。「なぜなら二国家共存がないということは、何らかの形で入植が拡大するということだからだ。これは事実上、1つの国家が数百万人の住民の公民権をはく奪し、第二階級の住民または住居者として管理することを意味する。彼らは『市民』とさえ呼べない存在になるかもしれないのだ。」 コロンビア大学アラブ学課のラシード・カリーディに話を聞きます。エドワード・サイード名誉教授であるカリーディには複数の著書があり、最新作はBrokers of Deceit: How the U.S. Has Undermined Peace in the Middle East(『偽りのブローカー――米国がいかにして中東和平を弱体化させたか』)です。

1月18日、米航空宇宙局(NASA)および米海洋大気庁(NOAA)の科学者が2016年は前年の記録を破り、記録開始以来最も暑い年となったと発表しました。この記録は3年連続で破られています。人類が原因となる気候変動で前代未聞の温暖化が進む中、オクラホマ州検事総長スコット・プルイットが18日、上院で環境保護庁(EPA)長官への承認公聴会で証言しました。プルーイットは、科学界では圧倒的に支持される気候変動説を長い間否定してきました。公聴会会場前では数十人が抗議運動を行い、少なくとも3人の逮捕者が出ています。バーニー・サンダース上院議員によるプルーイットへの質問を聞くとともに、「食物と水源監視団」(Food & Water Watch)のウィノナ・ハウター事務局長に話を聞きます。

19日、トランプは元ジョージア州知事ソニー・パーデューを農務長官に指名しました。パーデューはジョージア州で、南北戦争後のレコンストラクション以来初の共和党派知事となる前は、穀物と肥料ビジネスを経営していました。パーデューは化学企業および工場式農業への助成金数十万ドルを受け取っていると、環境保護活動家は批判しています。「食物と水源監視団」(Food & Water Watch)のウィノナ・ハウター事務局長に話を聞きます。

次期大統領ドナルド・トランプが保健社会福祉省長官(HHS)に指名した、ジョージア州選出のトム・プライス下院議員が1月18日、上院健康教育労働年金委員会(Senate Committee on Health, Education, Labor and Pensions)での承認公聴会に登場しました。プライス議員は下院予算委員会委員長で、ティーパーティー会派の一員であり、オバマ大統領の医療費負担適正化法(Affordable Care Act)に積極的に反対した人物です。彼は人口中絶に反対で、「米国家族計画連盟」(Planned Parenthood)への連邦助成金を全て削減する案に賛成票を投じています。プライス議員はまた、高齢者向け医療保険制度「メディケア」を民営化することにも賛成しています。承認公聴会が行われる数日前、プライス議員が医療機器メーカー、ジマー・バイオメット(Zimmer Biomet)社に数千ドルを投資し、その後同社の利益となる法案を提出したことをCNNが報じました。パブリック・シチズン(Public Citizen)ヘルス・リサーチ・グループのディレクター、シドニー・ウルフ医師に話を聞きます。

最近のニュース

2017/1/19(木)

  • オバマ大統領の任期最終日に振り返る 功罪相半ばする彼のレガシー&ワシントンにおけるネオ・ファシズムの高まり
  • ラシード・カリーディ:オバマはイスラエル入植拡大を非難したが それは8年間の彼自身の政策と矛盾する
  • 気候変動否定派のスコット・プルーイット 上院承認公聴会で抗議に直面 2016年の気温は史上最高
  • トランプ 農務長官に農業ビジネスと化学工業界のお気に入り ソニー・パーデューを指名
  • シドニー・ウルフ医師:保健社会福祉省長官に指名されたトム・プライスの「残酷な」オバマ・ケア廃止案

2017/1/18(水)

  • チェルシー・マニングの弁護士:オバマ大統領による減刑で 内部告発者マニングの命が「救われる」
  • ジェレミー・スケイヒルが語る オバマ政権によるチェルシー・マニングの減刑とエドワード・スノーデンへのあいも変わらぬ悪者扱い
  • オバマ大統領による減刑で プエルトリコの独立運動活動家オスカー・ロペス=リべラが釈放へ
  • 活動家 オバマ大統領にレナード・ペルティエの恩赦を懇請 釈放がなければ刑務所での死と警告
  • ジェレミー・スケイヒル:教育長官に指名されたベッツィー・デボスは LGBTに反対する財団との関係について上院公聴会で噓をついた?
  • スケイヒル:ブラックウォーター社創設者で ベッツィー・デボスの弟エリック・プリンス トランプに密かにアドバイス

2017/1/17(火)

  • トランプ  キング牧師記念日の週末に公民権運動の象徴ジョン・ルイスを攻撃 ルイスが語る1965年の血の日曜日
  • 狂った道化の大統領:マット・タイビが記録した「大富豪の快楽主義者」ドナルド・トランプの大統領選
  • 特別報告 物議を醸しているオバマの移民家族のこう留政策、トランプ政権下で拡大の可能性

2017/1/16(月)

  • 新たに発見された1964年のキング牧師演説 公民権、人種分離、南アフリカのアパルトヘイトについて語る

2017/1/13(金)

  • 国防長官指名承認公聴会でジェイムズ・マティスは米軍の攻撃力を高めるよう提案
  • 国防長官に指名されたジェイムズ・マティス トランプ次期大統領が批判するイランとの核合意の施行を約束
  • トランプが指名した国防長官 2013年の退役後に防衛産業で巨万の富を築く
  • 黒人民主党議員 公聴会の最後に証言なんて「バスの後部座席」に座らさせた感じ