■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

学生字幕翻訳コンテスト2017は締め切りました。発表は2018年1月はじめです、お楽しみに。

2017/12/8(金)

2009年に米国が支援したクーデターにより追放されたマヌエル・セラヤ元ホンジュラス大統領は、独占インタビューの中で、米国の行動がホンジュラスの現在の政治危機を招いたと話しています。米国の後ろ盾を受けているフアン・オルランド・エルナンデス大統領が野党候補のサルバドール・ナスララと対決した11月の大統領選の結果は、いまだに政府から発表されていません。政府が管理する選挙委員会が、ナスララが得票数でリードしていると判明した時点で票の集計を中止したことで、大規模デモが起こりました。セラヤは現在、ナスララ率いる反独裁連合に参加する野党「自由と復興党」の党首を務めています。

ドナルド・トランプ大統領が6日に行われたイスラエルに関するスピーチで、ろれつが回らず言葉を誤って発音した後、彼の精神状態に対する疑念が広がり続けています。ホワイトハウス報道官サラ・ハッカビー・サンダースは7日、高まる懸念を受けて、トランプは健康診断を受ける予定になっていると発表しました。一方、国防総省幹部は先月、トランプが核兵器を発射せよとの非合法な命令を出しても無視すると、上院委員会に伝えています。この証言は、核戦争を開始する大統領の権限に関して40年余りを経て初めて開かれた議会聴聞会て出てきました。イェール大学医学部で教える司法精神医学者で、暴力の専門家として世界的に有名なバンディ・リー医師に話を聞きます。彼女はベストセラーとなったThe Dangerous Case of Donald Trump: 27 Psychiatrists and Mental Health Experts Assess a President(『ドナルド・トランプの危険な症状:27人の精神科医とメンタルヘルス専門家が大統領を査定』)を編集しました。

バンディ―・リー医師は、イェール大学や同大学医学部もしくは精神医学科を代表している訳ではないと、断っています。

最近のニュース

2017/12/8(金)

  • ここに民主主義はない:追放されたホンジュラス大統領セラヤ 2009年の米国支援クーデーターが現在の危機を招いた
  • 「ドナルド・トランプの危険な症状」精神科医バンディ・リー 大統領の精神状態への危惧を語る

2017/12/7(木)

  • PLO幹部ハナン・アシュラウィ:トランプのエルサレム首都宣言は国際法違反 和平の可能性を「抹殺する」
  • 「ホワイトハウスの入植者」エルサレムをイスラエルの首都と宣言するトランプにパレスチナ人が一斉抗議
  • 女性著名人が性暴力被害を実名告発するも 低賃金労働者は依然虐待にさらされている

2017/12/6(水)

  • ダニエル・エルズバーグ:自分は核戦争の立案者だったと表明 核の冬と地球規模の飢餓を警告

2017/12/5(火)

  • 最高裁トランプの専らイスラム教徒が対照となる入国禁令施行を認める  アメリカ自由人権協会は闘いの継続を約束
  • アメリカ先住民の複数部族 トランプによるベアーズ・イヤーズ国定公園への攻撃を共同で提訴
  • ホンジュラスの対騒乱警察隊「違法」選挙への抗議行動弾圧を拒否

2017/12/4(月)

  • 米上院で税制改革法案が可決 法案は社会を再編し金持ちの世襲制を作り出すとキース・エリソン議員
  • キース・エリソン議員:セクハラ疑惑のフランケンとコンヤーズは「自分の良心に従うべき」
  • キース・エリソン議員:ホンジュラスの選挙は明らかな不正 米国は軍事援助を停止すべき
  • ホンジュラス:選挙不正に抗議する人びとがデモ行進 軍隊による弾圧にもかかわらず