« 前  

2020年3月11日(水)

  次 »
  • 10日夜、ジョー・バイデン前副大統領は、予備選で激戦州ミシガンはじめ、ミズーリ、ミシシッピ、アイダホ各州で、決定的な勝利をおさめました。サンダースはノースダコタ州で勝利を確実とし、ワシントン州でリードしていますが、まだ集計が続いており、勝敗を決することができない接戦となっています。 バイデンが獲得した代議員数は、民主党の指名を確保するために必要な数に達していませんが、サンダースは、民主党の2020年大統領選指名に向け、今後ますます厳しくなる戦いを続けるかどうかの決断に直面しています。バイデンとサンダースは、感染が広がるコロナウイルスへの懸念のため、10日にクリーブランドで予定していたキャンペーン集会を中止しました。一方、トランプは新しい集会を発表しました。調査報道サイト『インターセプト』の上級特派員であり、ラトガース大学のメディア・文化・フェミニスト研究のグロリア・スタイネム寄付講座初代教授であるナオミ・クラインと、「全米家事労働者連盟」(National Domestic Workers Alliance)の戦略およびパートナーシップ・ディレクターで、「ブラック・フューチャーズ・ラボ」(Black Futures Lab)の校長であり、「黒人の命も大切 グローバル・ネットワーク」(Black Lives Matter Global Network)の共同創設者アリシア・ガルザに話を聞きます。
     

  • 米国でのコロナウイルスの症例数は、3月10日に1,000件を超え、感染率は増加の兆しを見せています。それにもかかわらず、米国は検査に遅れをとっており、医療従事者は、感染した患者を安全にケアできる適切な保護と対応手順が不足していると言います。また、医療従事者の話では、米国の病院は危機に対処するための準備が、嘆かわしいほど整っていないとも言われています。感染が広がるホットゾーンであるカリフォルニア州とワシントン州の看護師らは、フェイスマスクは要求しない限り支給されず、ウイルスへの対処方法に関するガイダンスも欠落していると報告しています。米国最大の登録看護師組織である「ナショナル・ナース・ユナイテッド」 (NNU)の代表であるジーン・ロスに聞きます。NNUによると、米疾病対策センター(CDC)は実質的に、パンデミックの対応に関するガイドラインを弱めていて、防護衣の必要度を引き下げ、患者に常に陰圧隔離室にいることを要求せず、医療従事者への保護が低下させています。これに対抗してNNUの看護師たちは11日、医療従事者と公衆への保護強化を要求する、全国一斉行動デーを開催します。引き続き、「全米家事労働者連盟」(National Domestic Workers Alliance)および「ブラック・フューチャーズ・ラボ」(Black Futures Lab)の要職にあり、「黒人の命も大切 グローバル・ネットワーク」(Black Lives Matter Global Network)の共同創設者アリシア・ガルザと、調査報道サイト『インターセプト』の上級特派員であり、ラトガース大学のメディア・文化・フェミニスト研究のグロリア・スタイネム寄付講座初代教授であるナオミ・クラインにも加わってもらい、話を聞きます。

Syndicate content