« 前  

2019年4月2日(火)

  次 »
  • 米国史上最悪のハリケーンの1つである「マリア」によって破壊されたプエルトリコへの災害支援をめぐる米国議会内の争いを検証します。4月1日、焦点の異なる2つの災害支援法案が両方とも上院を通過しませんでした。1月の包括法案への付帯条項は下院で可決されたものの、最近の米中西部での洪水への救済金が不足しているとして共和党が支持せず、否決されました。一方、共和党が支持した別の上院案も、法案通過に必要な60票に届かなかったため否決されました。この法案では、プエルトリコの食品購入支援(フードスタンプ)プログラムに当てる予算をたった6億ドルとしており、民主党は、多くのプエルトリコ人たちが2017年のハリケーン「マリア」による破壊からの復旧に今でも追われている中、この額はあまりにも低すぎると言っています。民主党はさらに、支援金はインフラ再建と他の形の災害支援を含むべきと言います。トランプは4月1日夜、これに対してツイッターで反応し「プエルトリコはテキサス州とフロリダ州を合わせたよりもはるかに多くの支援金を得た。それなのに彼らの政府は正しいことを何もすることができない。あの場所はめちゃくちゃだ。何もうまくいかない」と投稿しました。1993年以来、米下院議員を務めているニューヨーク州選出のニィディア・ベラスケスに話を聞きます。彼女は連邦議会に選出された初のプエルトリコ人女性で、「ヒスパニック議員連合」(Congressional Hispanic Caucus)の元議長です。

  • 連邦議会に初当選した民主党議員の半分以上が 政治活動委員会(PAC)を通じた企業からの 寄付を受けないと公約していますが、この種の資金供与の拒否を議員たちに求める圧力の高まりについて検証します。ニューヨーク選出の下院議員ニィディア・ベラスケスに話を聞きます。議員経験の長い彼女は政治活動委員会を通じた企業からの寄付を受け取ることを止めました。「民主主義的な制度への信頼を取り戻すために、私たちは有権者に、彼らの声は届いていて、議員事務所にアクセスするのに多額の小切手を切る必要はないと感じてもらう必要があります」と彼女は言います。

  • トランプ大統領政権下の司法省が、連邦裁判所による「医療費負担適正化法」(Affordable Care Act 通称オバマケア)廃止 の判決を支持してからわずか1週間、トランプ大統領は4月1日の一連のツイートのなかで方針を変え、連邦議会による新たな医療保険制度の採決を2020年の大統領選後まで待つつもりだと述べました。トランプはオバマケアに代わる制度を作ると公約し、そうすれば共和党は「医療保険の党」として知られるようになるだろうと述べていました。4人の子供の母親で、公民権の弁護士であり、「リトル・ロビイスト」(Little Lobbyists)と「医療保険投票者」(Health Care Voter)のメンバーでもあるジェミー・デイビス・スミスに話を聞きます。彼女の娘クレアには多くの深刻な障害があります。デイビス・スミスはワシントンポスト紙への最近の論説で「もしトランプがオバマケアを終わらせれば、娘を生かすために私はすべてなくすでしょう」と書いています

  • トランプが「医療費負担適正化法」(Affordable Care Act、通称オバマケア)を攻撃する一方で、 メディケア・フォー・オール (公的国民皆保険制度)の可能性が育ちつつある現状を検証しましょう。100人以上の民主党議員が3月、連邦政府による資金で「メディケア・フォー・オール」(Medicare for All)制度を作ることで米国の医療保険を劇的に改造しようとする下院法案を共同提案しました。この法案は、メディケアに歯科、眼科、長期治療を含ませるよう拡大する一方で、すべての米国市民が利用できる連邦政府による医療保険制度を作ろうとするものです。この法案はさらに医療保険料、自己負担金、控除免責金をなくすものです。この法案を支持している「国民医療保険制度を支持する医師会」(Physicians for a National Health Program)の代表アダム・ガフニー医師に話を聞きます。

Syndicate content