« 前  

2019年3月27日(水)

  次 »
  • オクラホマ州は、鎮痛剤オキシコンチンを製造するパーデュー・ファーマ社への訴訟で、2億7千万ドルの支払いで和解にいたりました。この訴訟で州は、同社がこの鎮痛剤によるオピオイド(麻薬性鎮痛薬)依存のリスクを軽視し、薬効を誇張して、数千人のオクラホマ州住民に死をもたらしたと主張していました。同州の言い分によると、過去10年間に、この鎮痛剤による死亡数は交通事故死の数を上回ります。和解金のうち1億ドル以上が、タルサのオクラホマ州立大学に新設される薬物中毒治療・研究ンターの資金に使われます。Pain Killer: An Empire of Deceit and the Origin of America’s Opioid Epidemic.(『鎮痛剤:欺瞞の帝国とアメリカのオピオイド中毒の起源』)の著者であるバリー・マイヤーは、「これは大変複雑な法廷チェスゲームの最初の一手に過ぎません」と言っています。マイヤーは、オキシコンチンの濫用問題を訴え、全米の注目を浴びた最初のジャーナリストです。「このお金は、薬物依存症の治療への賢明な使い方になるのでしょうか」と彼は疑問を投げかけています。

  • オクラホマ州が、全米で一年に5万人近い死をもたらしたオピオイド依存症を生むことに一役買ったとして知られるパーデュー・ファーマ社と2億7千万ドルの支払いで和解にいたりました。オピオイドの危機が非白人種の地域社会に深刻な影響を与えたいきさつをブランウン大学公衆衛生大学院生のアブダラー・シヒパールとともに見ていきます。彼はニューヨークタイムズ紙に「オピオイド危機は白くない」(“The Opioid Crisis Isn’t White.”)というタイトルの論説を寄稿しました。

  • 500以上の市、郡、およびアメリカ先住民部族が、オピオイド系鎮痛剤オキシコンチンの危険性について嘘をつき、欺瞞に満ちた販売戦略で米国史上最悪の薬物危機を生み出した責任を問い、パーデュー・ファーマ社のオーナーであるサックラー一族を提訴しています。この訴訟がパーデュー・ファーマ社を訴えた他の訴訟と異なるのは、オキシコンチンを製造する同社の創業者兼オーナーであるサックラー家の一族8人の名を挙げて訴えているところです。ロビンソン・カプラン法律事務所の弁護士で、同事務所の「アメリカ先住民法と政策グループ」の責任者であるブレンダン・ジョンソンから、ノースダコタとサウスダコタ両州のアメリカ先住民3部族の代理人として、オピオイドの大手製薬会社および販売会社を提訴した連邦裁判訴訟について詳しく聞きます。また、全米先住民健康委員会(National Indian Health Board)のCEOであり、チペワ・インディアンのスーセント・マリー部族の一人であるステイシー・ボーレンからも話を聞きます。

  • オクラホマ州とパーデュー・ファーマ社が歴史的な和解に達する中、オピオイド危機の中であまり報道されていない出来事について見ていきます。疼痛管理のためオピオイド系鎮痛剤に頼る人に対する処方不足の問題です。この3月、300人を超える医師と医療研究者が、疾病管理・予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)に公開書簡を送り、オピオイド系薬物の処方ガイドラインに明確さが欠如しているために患者が被害を被っていると警告しました。同センターは2016年に、慢性痛に対する長期間のオピオイド系薬物治療に伴う安全性改善とリスク低減のため、一次診療医に対するガイドラインを改訂しました。しかし、新ガイドラインは混乱を引き起こし、癌、多発性硬化症、狼瘡(ろうそう)、線維筋痛症などに起因する疼痛管理のために責任をもってオピオイド系を使用していた人々に対し、処方量の減少や処方の停止という結果を招いたと、多くの人が指摘しています。社会科学者でリハビリ施術者、医療教育者のテリー・ルイスから詳しく聞きます。ルイスは、慢性痛の治療方法の変化が与えた影響の数量的把握のために全米調査を行なっています。Pain Killer: An Empire of Deceit and the Origin of America’s Opioid Epidemic.(『鎮痛剤:欺瞞の帝国とアメリカのオピオイド中毒の起源』)の著者であるバリー・マイヤーからも詳しく聞きます。マイヤーは、オキシコンチンの濫用問題を訴え、全米の注目を浴びた最初のジャーナリストです。

Syndicate content