« 前  

2019年2月18日(月)

  次 »
  • 米国では15日金曜夜、公民権運動の象徴的人物アンジェラ・デイビスを支持するユダヤ人たちがシャバット(安息日)の会合を開き、デイビスへの連帯を表明しました。翌16日は、デイビスがアラバマ州のバーミングハム公民権協会から、フレッド・L・シャトルズワース人権賞を受賞することになっていました。同協会は1月、デイビスがイスラエルの政府と団体を対象としたBDS(ボイコット・投資撤退・制裁)運動を支持していることを理由に、授賞を取り消しました。その後、同協会は国際的な抗議を受け、決定を覆しましたが、デイビスはまだ賞を受け入れていません。デモクラシー・ナウ!は15日、バーミングハムに行き、デイビスを支持するシャバットの一つに出席しました。

  • 公民権運動の象徴的人物で学者のアンジェラ・デイビスが先週末、故郷のアラバマ州バーミングハムに戻りました。当初は、バーミングハム公民権協会からフレッド・L・シャトルズワース人権賞を受賞するための帰郷でした。しかしバーミングハム・ホロコースト教育センターが、デイビスがイスラエル政府と団体を対象としたBDS(ボイコット・投資撤退・制裁)運動を支持していることを問題視し、授賞を考え直すようにとの書簡を協会理事会に送ったことから、同協会は1月、デイビスへの授賞を取り消しました。この決定はすぐに幅広い抗議を受け、同協会は決定を覆し、再び授賞を決めました。しかしデイビスはまだ賞を受けることに同意していません。16日夜には、「真実と和解のためのバーミングハム委員会」(Birmingham Committee for Truth and Reconciliation)がデイビスを称える別のイベントを開き、3000人以上の人々が集まりました。イベントでは、デイビスと、同じくバーミングハム出身のプリンストン大学教授、イマニ・ペリーとの対話が中心となりました。

  • バーミングハム公民権協会は1月、公民権運動の象徴的人物で学者のアンジェラ・デイビスへのフレッド・L・シャトルズワース人権賞の授賞を取り消したことで、国際的な批判を呼びました。取り消しは、デイビスがBDS(ボイコット・投資撤退・制裁)運動を支持していることを問題視したバーミングハム・ホロコースト教育センターが授賞を考え直すようにとの書簡を理事会に送ったことがきっかけでした。即座に幅広い抗議に直面した同協会は授賞を再決定、しかしデイビスはまだそれを受け入れていません。デモクラシー・ナウ!は16日、「真実と和解のためのバーミングハム委員会」(Birmingham Committee for Truth and Reconciliation)がデイビスをたたえるために開いた別のイベントに先立ち、バーミングハム公民権協会の会長で最高経営責任者(CEO)のアンドレア・テイラーに話を聞きました。投票権擁護団体「Woke Vote」の創設者で「真実と和解のためのバーミングハム委員会」のデフアナ・トンプソン理事にも話を聞きました。

Syndicate content