« 前  

2019年2月13日(水)

  次 »
  • ノースカロライナ州に本社のある空輸会社は、調査報道サイトのマクラッチーが、同社の空輸と武器密輸との関連の可能性を報道後、ベネズエラへの飛行を停止しています。ベネズエラ政府当局は先週、攻撃用武器19、弾倉118、軍用の無線アンテナ90を、マイアミからベネズエラ第3の大都市バレンシアへ飛行した米国籍の航空機から発見したと発表しました。この航空機ボーイング767は、ノースカロライナ州グリーンズボロに本社のある「21エアー(21 Air)」社が所有しています。同機は、ニコラス・マドゥロ大統領が2期目の大統領に就任した1月11日以来、マイアミからベネズエラとコロンビアの諸地点に40回近い往復飛行を繰り返しています。同社の空輸はマックラッチーが初めて報道を行った後、停止されています。ベネズエラ政府は、マドゥロ政権転覆の企みの一環として武器の密輸をおこなっているとして米国政府を非難しています。21エアー社と米国政府の確たる繋がりは明らかにされていませんが、マクラッチーが報道するところでは、21エアー社の会長アドルフォ・モレノと社員一人が、ジョージ・ブッシュ大統領時代にCIAの特例拘置引き渡しプログラムに関与したジェミニ・エアー・カーゴー社と繋がっているとされています。この話をスクープしたマクラッチーの記者ティム・ジョンソンから詳しく聞きます。ジョンソンは、パナマ文書の調査報道で2017年のピューリッツァー賞を受賞したチームの一員です。

  • デンバーとロサンゼルスで教師のストライキが進行し、アメリカの公立校制度の惨状に関心を集めている最近の一連の労働運動のさらにもうひとつのアクションになっています。そんな流れの中で、米国史上最大の公立学校スキャンダルをあらためて振り返ってみましょう。ジョージア州アトランタの公立学校は2015年、11名の元教師たちが全国共通テストの実施に際し点数をあげるため大規模な不正行為に加担したとして有罪判決を受け、大混乱に陥りました。検察官の言うところでは、被告の教師たちは誤答の修正を強いられ、生徒たちは試験中に誤答の修正すら許されたとされています。この事件は教育制度が全国共通テストに依存しているとする批判に火をつけ、人種差別の非難も誘発しました。訴追された35人の教師のうち34人がアフリカ系アメリカ人でした。有罪判決を受けた11人の教師の一人であり、ジャーナリストのアナ・シモントンと共著でこの事件について本にしたシャニ・ロビンソンから詳しく聞きます。新著のタイトルは、None of the Above: The Untold Story of the Atlanta Public Schools Cheating Scandal, Corporate Greed, and the Criminalization of Educators.(『全員無罪:アトランタ公立学校試験スキャンダルの語られなかった物語 企業の強欲と教師の冤罪』)です。

Syndicate content