« 前  

2019年2月1日(金)

  次 »
  • テキサス州が今週、米国で今年初の死刑を執行したことを受け、アルフレ・ウッダード主演の新作映画『クレメンシー』を取り上げます。死刑の問題を、死刑囚の側からと同時に死刑を執行しなければならない人たちの視点からも考える映画です。ウッダードが演じるのは看守のバーナディン・ウィリアムズで、彼女はこれから自分にとって12番目となる死刑執行に立ち会うところですが、おぞましい失敗となった前回の死刑執行の余波がまだ残っています。オルディス・ホッジ演じるアンソニー・ウッズの死刑執行日が近付くにつれて、ウィリアムズの人生が次第に紐解かれ、州が公認する殺人システムに自分が加担するのはどういう意味をもつのか、彼女は初めて真剣に考えるようになります。この映画はサンダンス映画祭で初上映されました。脚本家で監督のナイジェリア系アメリカ人チノニェ・チュークー氏に話を聞きます。2011年9月21日にジョージア州で処刑されたトロイ・アンソニー・デイビスの死刑執行に刺激を受けて、死刑の問題に取り組むようになったと彼女は言います。デイビスは、警察官マーク・マックフェイル殺害で有罪判決を受け、そのときの証拠に大きな瑕疵があったにもかかわらず死刑を執行されてしまいました。彼の死は、死刑廃止を求める全国的な運動に火をつけることになりました。

  • 2月に黒人史月間が始まったのに合わせ、米国の過去と現在のリンチについて詳細に分析する、心をかき乱すような新作ドキュメンタリー映画Always in Season(『いつでも狩猟期』)を取り上げます。映画では「平等な正義のイニシアチブ」(Equal Justice Initiative)の創設者ブライアン・スティーブンソンにインタビューしています。この団体は、米国でリンチされた4000人以上のアフリカ系アメリカ人を追悼する、モントゴメリー市の「平和と正義の国民記念碑」を建立しました。当時17歳のアフリカ系アメリカ人の高校生レノン・レイシーの事件にも迫ります。彼は2014年8月29日、ノースカロライナ州のブラデンボロにある白い大きなトレーラーハウスの木製ブランコに取り付けられた2本のベルトから吊り下げられているところを発見されました。死んだ時、彼は年上の白人女性とデートしていました。地方当局は即座に彼の死を自殺と断定しましたが、彼の家族と地元の市民権活動家は、当局がリンチ事件を隠しているのではないかと懸念していました。レイシーの母親のクラウディア・レイシーと、このドキュメンタリーの監督ジャクリーン・オリーブに話を聞きます。

Syndicate content