« 前  

2018年10月30日(火)

  次 »
  • 10月24日、白人男性がケンタッキーの食料品店で2人の高齢のアフリカ系米国人客を撃ち殺しました。多くの人々はこの事件をヘイトクライム(憎悪犯罪)だと呼んでいます。そのほんの数日後には米国人テロリストがピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)に侵入し11人の礼拝者を撃ち殺しています。51歳のグレゴリー・ブッシュは、ケンタッキー州ジェファーソンタウンで主に黒人信者で構成される教会に侵入を試みた直後、スーパーマーケット「クローガー」でモーリス・スタラードとビッキー・リー・ジョーンズに発砲して殺害しました。そのあとブッシュは、その場に居合わせた銃を持った第三者に、「白人は白人を殺さない」と言ったと報じられています。コミュニティが喪に服す中、ケンタッキー州選出の民主党議員アティカ・スコットと、ルイスビル市の地域活性化部長でエリム・バプティスト教会の牧師であるビンセント・ジェームス師に話を聞きます。

  • 銃を持った白人がピッツバーグにある静かなシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)に押し入り、静かに礼拝していた11人を殺害した10月第4週、国内テロの恐怖が全米を席巻しました。この事件は、米国史上最悪の反ユダヤ主義攻撃と言われています。この襲撃は、フロリダ州の熱心なトランプ支持者が大統領を批判する有名人十数人に爆発物を送った容疑で逮捕された翌日に起こりました。また、事件の3日前には、白人の銃撃者が黒人教会に侵入にしようとして失敗した直後、食料品店で2人のアフリカ系米国人を撃ち殺しています。米国の銃政策、刑事司法、極右について取材するガーディアン紙の上級記者ロイス・ベケットに話を聞きます。「ピッツバーグの銃撃者は単に反ユダヤ主義というだけではありませんでした」と、ベケットは言います。「彼は白人至上主義イデオロギーによって過激化したのです。」

  • 銃撃者のロバート・バウアーズは、ピッツバーグにある「ツリー・オブ・ライフ」(Tree of Life)シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で11人の礼拝者を撃ち殺す直前、数百万人の難民を支援してきた歴史のあるユダヤ系団体HIASを激しく批判していました。バウアーズは極右のソーシャルメディアサイトに「HIASは、俺たちの同胞を殺す侵略者を連れ込むのが好きだ。俺は同胞が殺りくされるのを座って見てはいられない。体裁なんか保ってられるか。 俺は行動にでる。」と、書いていました。以前は「ユダヤ移民支援協会」(Hebrew Immigrant Aid Society)として知られていたHIASの広報副部長であるメラニー・ネザーに話を聞きます。HIASは130年以上にわたって難民を支援してきました。

Syndicate content