« 前  

2018年10月29日(月)

  次 »
  • ペンシルバニア州ピッツバーグのスクワレル・ヒルにあるシナゴーグ「ツリー・オブ・ライフ」で27日、銃を持った男が侵入、発砲し、11人の礼拝者を殺害しました。ユダヤ人に対する攻撃としては米国史上最悪とされています。死者は、セシル・ローゼンタール、デビッド・ローゼンタール、メルビン・ワックス、アービング・ヤンガー、ダニエル・スタイン、ジョイス・ファインバーク、リチャード・ゴットフリード、ローズ・マリンジャー、ジェリー・ラビノウィッツ、バーニス・サイモン、シルバン・サイモンと特定されました。年齢は54歳から97歳まででした。そのほかに4人の警官を含む6人が負傷しました。27日朝、シャバット(安息日)の集会で信者らが集まっていたシナゴーグに、46歳の白人男性ロバート・バウアーズがライフル「AR-15」と拳銃3丁を持って押し入りました。バウアーズは「ユダヤ人はみな死ね」と叫びながら、礼拝中の人々に向かって発砲しました。フィラデルフィアでユダヤ系移民支援協会(The Hebrew Immigrant Aid Society, HIAS)の難民救済ボランティアに携わるデビッド・グロッサーに話を聞きます。グロッサーは引退した神経心理学医で、トランプ大統領の重要政治顧問で移民取り締まりを推進しているスティーブン・ミラーのおじです。

  • セシル・ローゼンタール、デビッド・ローゼンタール、メルビン・ワックス、アービング・ヤンガー、ダニエル・スタイン、ジョイス・ファインバーク、リチャード・ゴットフリード、ローズ・マリンジャー、ジェリー・ラビノウィッツ、バーニス・サイモン、シルバン・サイモン――これらはペンシルバニア州ピッツバーグのシナゴーグ「ツリー・オブ・ライフ」で27日に起きた銃乱射事件の犠牲者の名前です。46歳の白人男性ロバート・バウアーズは同シナゴーグに押し入り、「ユダヤ人はみな死ね」と叫びながら銃を乱射しました。ユダヤ人に対する米国史上最悪の攻撃と考えられています。ウエストフィラデルフィア地区にあるコル・ツェデク・シナゴーグのラビ、アリ・レブ・フォルナリに話を聞きます。フォルナリは、バウアーズがオンラインでターゲットにしたユダヤ系難民支援団体HIAS(The Hebrew Immigrant Aid Society)のメンバーです。フィラデルフィアでHIASのボランティアとして働くデビッド・グロッサーにも話を聞きます。グロッサーは引退した神経心理学医で、トランプ大統領の重要な政治顧問で移民取り締まりを推進するスティーブン・ミラーのおじです。グロッサーはおいのスティーブン・ミラーに直接、「自分の政治目的を進めるために憎悪と偏見を利用することは絶対に容認できない。それは浅はかでみすぼらしい野心の表れだ。国家を毒し、社会を壊し、自分自身の背景と過去を完全に否定することになる」と語りかけます。

  • ブラジルでは極右のリーダー、ジャイル・ボルソナロが次期大統領に選出され、同国で軍事政権が30年以上前に終結して以来、最も根本的な政治的転換となりました。ボルソナロは元陸軍士官で、拷問や独裁を公然と支持し、人種差別的な発言や女性や同性愛者を嫌悪するコメントを行ってきました。さらに、政敵は破壊し、拘束し、追放すると脅しています。ボルソナロは55%の得票率で左派・労働党のフェルナンド・ハダドを下しました。ボルソナロの権力掌握について、多くの人びとがブラジルの民主主義の未来が危険にさらされていると恐怖を抱いています。リオ・デ・ジャネイロから、ピュリッツァー賞受賞のジャーナリストで調査報道サイト「インターセプト」の創設編集者の一人であるグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。グリーンウォルドは、ボルソナロは「民主主義世界で選ばれた指導者の中では群を抜いて最も過激なリーダー」と述べます。

  • ペンシルバニア州ピッツバーグのシナゴーグで10月27日に起こった銃乱射事件は、憎悪にあふれた週の最後を飾るものとなりました。週半ばには、ケンタッキー州の食料品店でアフリカ系米国人2人が白人男性に射殺されたほか、熱狂的なトランプ支持者のシーザー・セヨクがCNNやトランプ大統領の政敵に爆弾13個を送付した容疑で逮捕されています。ピュリッツァー賞受賞のジャーナリストで調査報道サイト「インターセプト」の創設編集者の一人であるグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。

Syndicate content