« 前  

2018年7月27日(金)

  次 »
  • 国境で引き離された移民の子供たちを親元に帰すよう裁判所がトランプ政権に命じた期限は7月26日でしたが、連邦当局によれば未だ711人の子供が親から引き離されています。400人以上の親が祖国へ国外退去処分になりましたが、子供たちは全米各地の施設に保護されたままです。トランプ政権の家族引き離し政策および現在の移民危機の根源にある米国の責任について、世界的に著名な反体制政治活動家で言語学者、作家、大学教授のノーム・チョムスキーに話を聞きます。

  • 国際的人権グループによれば、ニカラグアでは4月に抗議活動が起って以来、300人以上が死亡、その多くは政府側勢力により殺害されています。ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領は今週、抗議の声が高まり騒乱が広がっているにもかかわらず辞任の求めを拒否しました。現在の危機について、そして1980年代に米国がニカラグアで果たした役割についてノーム・チョムスキーに話を聞きます。

  • 2018年の米中間選挙シーズンは、民主党内部で、進歩派の支持層拡大と、より保守的な党の支配層のあいだの分裂が起き、混乱しています。ニューヨーク市では28歳のアレクサンドリア・オカシオ=コルテスが、当選10期を誇る現職で下院民主党派第4位の重鎮ジョー・クロウリー議員に軽々と勝利して、今回の選挙シーズンで最も衝撃的な番狂わせとなりました。オカシオ=コルテスは社会民主主義者として進歩派の草の根運動を展開、「メディケアを全国民に拡大」することと移民関税捜査局(ICE)の廃止を公約しました。オカシオ=コルテスの勝利と、民主党におけるその意味について世界的にも著名な反体制政治活動家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに話を聞きます。

  • ニューヨークタイムズ紙の報道によれば、ロバート・ムラー特別検察官は、トランプ大統領とロシアの関係について捜査を拡大する中で、トランプのツイートを綿密に調べています。このムラー特別検察官の捜査の最新情報は、ほぼ24時間体制で繰り広げられるトランプ、ロシア、現政権の様々なスキャンダルについての報道合戦の一つです。しかし大手マスコミは「ロシアゲート」に明け暮れる中で、本当のニュースネタを見逃してはいないでしょうか?世界的にも著名な反体制政治活動家で言語学者、作家、大学教授のノーム・チョムスキーに、トランプ時代のメディア操作について詳しく聞きます。

Syndicate content