« 前  

2018年6月18日(月)

  次 »
  • トランプ政権がメキシコ国境で移民の親子を引き離す政策を始めたことに対する抗議が全米で起きています。国境警備隊に拘束された親の大半は不法入国容疑で、移民収容センターに送られるまでの期間を拘置施設や刑務所で過ごすことになります。その多くが不法再入国の容疑です。その間、子どもたちには全国各地の避難所への送致や里親プログラムが適用されます。AP通信によると、4月19日から5月31日までに2000人近くの子どもが親から引き離されました。親から引き離された子どもが半数近くを占めるテキサス州マッカレンの一時収容施設では数百人の抗議行動がありました。ニュージャージー州では、民主党の議員グループがエリザベス市の民間移民収容所を訪ね、子どもから引き離され亡命を求める親たちと面会しました。テキサス州ヒューストンでは17日、元は倉庫だった建物の前で雨の中の行進がおこなわれました。ここはホームレスのシェルターとして使われていた倉庫で、政府が親から引き離された子どもたちを数百人規模でここに収容することを計画しています。12歳未満の幼い子どもも多く含まれています。

  • アリゾナ州ツーソンにある同伴者のいない未成年者の収容施設で働いていた元ケアワーカーが、同施設の不十分な設備、スタッフの訓練不足、非人道的な管理実態を告発しました。家族分離による悲劇の目撃証言です。元施設職員アンタル・デビッドソンが辞職したのは、母親から引き離された子どもたちが抱擁しあうことを禁じるように命令されたからでした。同施設は、27施設を経営する非営利団体「サウスウェスト・キー」が運営しています。同非営利団体は現在、ホームレスのシェルターとして使われていたヒューストンの元倉庫をリースし、親から引き離された子ども数百人を収容する「ベイビー・ジェイル」(子ども拘置所)にするとしています。その多くは12歳未満です。アンタル・デビッドソンに詳しく聞きます。

  • トランプ大統領は16日、批判の高まっている移民家族の引き離しについて民主党を批判し、「民主党が共和党の新法案で協力すれば、彼らが作った国境での家族強制引き離し問題を解決できるはずだ」とツイートしました。トランプは19日、共和党議員と会い、いわゆる移民法案の妥協案について話し合うことになっています。共和党議員はこの案が家族の引き離しを終わらせるとしていますが、一方で家族の拘束期限の解除や、トランプの主張する国境の壁建設への250億ドルの割り当てを含んでもいます。デモクラシー・ナウ!特派員のルネ・フェルツが、家族引き離しの歴史について語ります。フェルツは、家族引き離しの発端は民主党のこれまでの立法面での妥協だとし、今年11月に下院で民主党が多数派になったら、移民税関捜査局(ICE)への財政削減を呼びかけています。

  • 米国が後ろ盾となっているサウジアラビア=アラブ首長国連邦(UAE)主導の連合軍は先週、イエメンの港湾都市ホデイダを全面攻撃、戦闘員数百人が死亡、4000人以上の民間人が家を追われました。週が明けた18日には連合軍の戦闘機がホデイダ空港を爆撃、負傷者数十人が出ています。これにより救援活動のアクセスが妨害されました。人道支援団体は、この内戦ですでに1万5000人の民間人が殺されており、さらにホデイダ市民25万人に大惨事が迫っていると警告しました。イエメン人学者のシリーン・アル=アデイミに話を聞きます。最新記事は“Attack on Yemen Port Shows U.S.-Backed Coalition Willing to Use Starvation as a Weapon”(「米国の支援する連合軍がイエメンの港を攻撃したのは飢餓を武器としようとする印」)です。

Syndicate content