« 前  

2018年5月11日(金)

  次 »
  • シリアでイスラエルとイランの間の緊張が高まっています。イスラエルは10日(木)、シリア国内のイランの施設数十箇所を爆撃しました。イスラエルによる攻撃としては2011年にシリア騒乱が始まって以来最大のものです。イスラエル当局によれば、この攻撃は占拠中のゴラン高原に駐屯するイスラエル軍に対しイラン軍が20発のロケット弾を発射したことへの報復です。ロケット弾の攻撃がイランによっておこなわれた証拠をイスラエルは提示していませんが、イランは「越えてはならない一線を越えた」とベンジャミン・ネタニヤフ首相は話しています。11日未明、イラン外相はイランによるロケット弾攻撃は「完全なでっちあげで根拠がない」としています。一方で、イランではなくイスラエルが今週の対立激化に火をつけたという更なる証拠が浮上しています。ニューヨーク・タイムズ紙は、9日に行われたイスラエルによるミサイル攻撃がシリア側のゴラン高原の村を直撃したと報じました。イギリスに拠点を置くNGシリア人権監視団もまた、イスラエルが8日にダマスカス近郊でミサイル攻撃を行い、イラン人8人を含む少なくとも15人が死亡したと伝えています。この攻撃が行われたのは、トランプ大統領が米国はイランの核合意から離脱すると表明してから数時間後でした。ロンドンからイラン系アメリカ人のラレフ・ハリリ教授がイスラエルとイランの間の緊張の高まりについて詳しく話します。彼女はロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)教授です。Time in the Shadows: Confinement in Counterinsurgencies(『影の時間:ゲリラ鎮圧のための監禁』)など数々の著書があります。

  • 7週間前から連続で、ガザ地区のパレスチナ人がイスラエル国境近くに結集して抗議を続けています。これは「帰還の大行進」( Great March of Return)と呼ばれる非暴力抗議運動の一環です。抗議運動が始まって以来、イスラエル軍は少なくとも47人のパレスチナ人を殺害し、7千人近くを負傷させています。抗議者は、来週のナクバ70周年記念にぶつけて大型デモを予定しています。ナクバは「大惨事」の日として知られ、イスラエル建国の戦乱の中で70万人のパレスチナ人が退避勧告に従い、あるいは強制退去により故郷を離れることを余儀なくされた事件を指します。引き続き、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)のラレフ・ハリリ教授と話します。彼女の多数の著作にはTime in the Shadows: Confinement in Counterinsurgencies(『影の時間:ゲリラ鎮圧のための監禁』)などがあります。

  • ディック・チェイニー元副大統領は10日、米国政府は取り調べに拷問を用いる戦術を再開すべきだと主張しました。この発言の前日には、トランプ大統領がCIA長官に指名したジーナ・ハスペルが、CIAによる9/11同時多発テロ事以降の拘束した容疑者の扱いを「拷問」と呼ぶことを繰り返し拒否し、個人として拷問は不道徳であると考えているかどうかを表明するのを控えました。ハスペルの長官就任が承認されるかどうかは依然不透明です。共和党の二人の上院議員、すなわちケンタッキー州選出のランド・ポール議員とアリゾナ州選出のジョン・マケイン議員が指名に反対する声明を出したためです。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)教授でTime in the Shadows: Confinement in Counterinsurgencies(『影の時間:ゲリラ鎮圧のための監禁』)の著者ラレフ・ハリリに話を聞きます。

  • 今週末は母の日です。そして、母の日を家族と過ごせるよう、全国の人種正義団体が黒人女性を留置所から保釈しています。2年連続で「黒人のお母さん救済デー」(Black Mama's Bail Out Day)はできるだけ多くの黒人女性を保釈するための寄付を募っています。この取り組みは多くの都市で実施されており、現金による保釈制度の不公平さへの関心を喚起しています。LGBTQの非営利団体「新しい地の南部人」(Southerners On New Ground)代表で、「黒人のお母さん救済デー」を組織したひとり、マリー・フックスに話を聞きます。

  • トランプ政権は今週、亡命申請者を国境で勾留し、彼らの子どもと引き離すと発表しました。カリフォルニア州の事例では、亡命を求めて一人でやってきた未成年たちが成人用の勾留施設に入れられた経緯がわかります。カリフォルニア州の移民当局は、拘束中のアフガニスタン人亡命希望者を、連邦裁判所が未成年と判断したにも関わらず、成人の勾留施設から釈放することを拒否しています。弁護士によると、成人の勾留施設に5ヵ月勾留されているこの青年は17歳です。それなのに移民関税捜査局(ICE)は、彼が18歳以上だと主張するために、「疑似科学」として信憑性が問われている歯科検査に基づく年齢テストを実施しました。プライバシー保護のためハミッドと名乗るこの青年は、タリバン政権が父親を殺害してから偽造パスポートを使いアフガニスタンから逃れてきたと話しています。ハミッドは8日、カリフォルニア州ベーカーズフィールドのメサ・ヴェルデ勾留施設からデモクラシーナウ!の取材で初めての電話インタビューに応じてくれました。彼の弁護士マリエル・ビリャレアルにもニューヨークで話を聞きます。

Syndicate content