« 前  

2018年3月20日(火)

  次 »
  • イラクの大統領サダム・フセインが大量破壊兵器を隠しているという偽りの大義名分のもとに、米国がイラクを侵攻したのは15年前の3月20日でした。この攻撃は、世界中で抗議が起こり、国連安全保障理事会の承認がないにも関わらず行われました。2003年3月20日、バグダッドの午前5:30頃に、米国の侵攻が始まり、空襲警報が鳴り響きました。この戦いは今だに終わらず、死者数は永遠にわからないかもれません。イラクの民間人死者数は、控えめに見積もっても20万人です。しかし、200万人という見積もりも存在します。イギリスの医学専門誌『ランセット』は、戦争の最初の40ヵ月だけで60万人のイラク人が死亡したとの見積もりを、2006年に発表しました。米国もまた、イラクで約4500人の兵士を失っています。つい先週(3月第3週)も、7人の米軍人がシリア国境近くのイラク西部でヘリコプターの衝突で死亡しました。イラク戦争はさらに、中東の多くの国を揺るがしています。元国際連合事務総長のコフィー・アナンや他の人々は、米国によるイラク侵攻がイスラム国(ISIS)の台頭に直接的な責任があるとしています。ラトガース大学で教えるイラク系フランス人の社会学者ザフラ・アリ、以前は「反戦イラク帰還兵の会」(Iraq Veterans Against the War)として知られ、現在は「転向:反戦帰還兵の会」(About Face: Veterans Against the War)として活動する組織の共同代表マット・ハワード、そして、イラクの「ムスリム・ピースメーカー・チーム」(Muslim Peacemaker Teams)の創設者で代表のサミ・ラズーリに話を聞きます。

  • 2017年9月にハリケーン「ハービー」がヒューストンに1300ミリ以上の降雨をもたらした後、かびが生えた大量のがれきが撤去されなければなりませんでした。 半年後の今、米国第4の都市は数年にまたがる復興計画を始めています。復興の仕事の多くは、在留資格のない移民によって行われています。テキサス州の建設現場の作業員の少なくとも半分は、無資格移民で成り立っています。しかし、嵐の後で彼らの労働力が非常に必要とされているにも関わらず、多くの者が広く蔓延する賃金不払いの被害に会っています。ほとんどの者は、こうした不正を報告しません。テキサス州のいわゆる「在留資格を見せよ」("show me your papers")という法律により、警察は身柄を預かる誰に対しても在留資格を問えるようになったので、警察に行けば強制送還される可能性があるからです。ヒューストンの「労働者保護プロジェクト」(Workers Defense Project)のコミュニティ・オーガナイザーであるマウリシオ・"チェレ"・イグレシアスと、『インターセプト』の記者で、デモクラシー・ナウ!の古くからのプロデューサーであるルネ・フェルツに話を聞きます。

  • ヒューストンの現場から、デモクラシー・ナウ!のプロデューサー、ルネ・フェルツが、家持ちの移民たちの声を伝えます。彼らの家はハリケーン「ハービー」の通過でひどい浸水に見舞われました。この災害からの立ち直りに、FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)はほとんど何の支援もしてくれないと言います。米国生まれの子供たちが同居しているにもかかわらずです。多くの者は、スペイン語を話せないFEMAの調査官と対面しました。

Syndicate content