« 前  

2018年11月16日(金)

  次 »
  • 米国司法省は、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジを訴追する用意があることを意図せず漏らしてしまいました。ことの起こりは極めて異例で、アサンジ訴追に関する文言が、それとは無関係の裁判所記録にコピペされており、その文書が最近機密解除されたのです。文書の中で、ケレン・S・ドワイヤー連邦検事補は、「被告側の高度の技術やこの事件に関する世間の関心の高さから、これ以外の手続きではアサンジが起訴されている事実を隠しておくことはできないだろう」と述べています。このニュースは15日夜、司法省がアサンジ訴追を計画しているとウォールストリート・ジャーナル紙が報道した数時間後に明らかとなりました。ジュリアン・アサンジは、2012年にロンドンのエクアドル大使館に政治亡命を申請して以来ずっと大使館の中で暮らしています。アサンジに対する罪状は不明です。司法省がこれまで検討してきたのは、2016年の大統領選挙の際に民主党全国委員会の内部Eメールがハッキングにより公開された事件でアサンジが果たした役割や、米軍内部告発者チェルシー・マニングが流出させた「イラク・アフガニスタン戦争記録」(Iraq and Afghanistan War Logs)を公表したことに関する罪状です。報道の自由を唱道する人々は、アサンジの事件を注意深くフォローしています。ヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス代表はツイッターで、「もしも報道の自由を尊重しないトランプ政権が、政府職員から機密情報を受け取って公開した罪でアサンジを訴追すれば、重大な問題です。それこそまさにジャーナリストが常に行っている行為なのですから」と述べています。2010年以来ずっとアサンジとウィキリークスの顧問を務める人権弁護士ジェニファー・ロスから詳しく聞きます。

  • 「遅らせろ、否定しろ、話をそらせ」──これは、フェイスブックに関するニューヨークタイムズ紙の最新爆弾報道の見出しです。最高経営責任者マーク・ザッカーバーグと最高執行執行者シェリル・サンドバーグを含むフェイスブック社の経営陣が、ロシアの偽情報作戦がソーシャルメディア・ネットワーク上で展開されていることに気づいており、フェイスブックの評判が落ちないように、強力なロビー活動を展開して批判者を攻撃し偽情報を流すなど一連の異常な秘密行動を取ったことを明らかにしています。フェイスブック社が、共和党系の敵陣営調査会社ディファイナーズ・パブリック・アフェアーズ(Definers Public Affairs)を雇い、フェイスブック批判者の信用を失墜させるため、リベラル派に寄付する億万長者ジョージ・ソロスとの関係づけたと報道しています。また、ユダヤ系圧力団体「名誉棄損防止同盟」(Anti-Defamation League)に働きかけて、フェイスブック社に対する批判を反ユダヤと決めつけて批判させたとも報じられています。この調査報道を受けて、フェイスブック社はディファイナーズ社との関係を絶つと発表しています。ディファイナーズ社に攻撃された組織の一つ「カラー・オブ・チェンジ」(Color of Change)の代表ラシャド・ロビンソンに詳しく聞きます。もう一人のゲストは、Antisocial Media: How Facebook Disconnects Us and Undermines Democracy(『反社会的メディア~フェイスブックが我々を分断し民主主義を崩壊させる』)の著者のシバ・バイディアナサンです。彼は、バージニア大学のメディア学教授で、メディア・市民権センターの所長を務めています。彼が『スレート』誌(Slate)へ寄せた最近の記事は、「フェイスブックは今や普通の安っぽい会社」(Facebook Is a Normal Sleazy Company Now)と題されています。

  • ニューヨークタイムズ紙の調査報道によれば、フェイスブック社は2016年の大統領選挙後に次々と浮上するスキャンダルや批判に対処するため、いかがわしい共和党系の敵陣営調査会社ディファイナーズ・パブリック・アフェアーズ(Definers Public Affairs)の支援を受けてPR攻勢をしかけていました。ディファイナーズ社によって攻撃された組織の一つカラー・オブ・チェインジ(Color of Change)の代表ラシャード・ロビンソンに詳しく聞きます。もう一人のゲストは、Antisocial Media: How Facebook Disconnects Us and Undermines Democracy(『反社会的メディア~フェイスブックが我々を分断し民主主義を崩壊させる』)の著者のシバ・バイディアナサンです。彼は、バージニア大学のメディア学教授で、メディア・市民権センターの所長を務めています。彼が『スレート』誌(Slate)へ寄せた最近の記事は、「フェイスブックは今や普通の安っぽい会社」(Facebook Is a Normal Sleazy Company Now)と題されています。

  • カルフォルニア州の山火事による死者は少なくとも63人に上り、631人が行方不明となっています。カルフォルニア州は過去最大の犠牲者を出している山火事と闘い続けていますが、気候変動によって引き起こされた荒れ狂う山火事の最前線で闘う隠れたヒーローに目を向けましょう──受刑者消防士です。現在カルフォルニア州の山火事と闘っている9400人の消防士のうち、少なくとも1500人が受刑者です。彼らは最前線で消防作業にあたっていますが、時給は僅か1ドルに過ぎません。刑期終了後に消防士の職を得ることは、ほとんど不可能です。デモクラシーナウは9月、サンフランシスコ市から北に車で一時間ほどの所にあるデルタ・コンザベーション・キャンプを取材しました。ここは、100人の男性受刑者を収容する軽警備の刑務所です。ナパ郡のスネル火事と24時間シフトで消火作業にあたり、今しがた帰ってきたばかりの受刑者消防士たちから話を聞きます。

Syndicate content