« 前  

2018年11月8日(木)

  次 »
  • ドナルド・トランプ大統領はジェフ・セッションズ司法長官を更迭し、トランプに忠実な人物として知られるマシュー・ウィティカーを司法長官代理に任命しました。ウィティカーは、セッションズ長官の首席補佐官で、過去にロバート・ムラー特別検察官の捜査を「魔女狩り」と呼んだことがあります。今後は彼が司法長官代理としてロシア疑惑の捜査を監督することになるため、この捜査の将来と、トランプがムラーを解任するかどうかが焦点となっています。今までロシア疑惑捜査を監督してきたロッド・ローゼンスタイン司法副長官を差し置いてウィティカーを長官代理に任命し捜査の監督を任せることの適法性について疑問を持つ専門家もいます。米国自由人権協会(ACLU)は「ジェフ・セッションズは米国近代史でも最悪の司法長官だった。これは事実だ。しかし米国の法執行機関のトップの更迭は、政治的な動機で行われるべきではない」との声明を発表しました。ACLUの全米法務部長でジョージタウン大学ローセンターの法と公共政策学教授であるデイビッド・コールに話を聞きます。コールの新著はEngines of Liberty: The Power of Citizen Activists to Make Constitutional Law(『自由の構築者--憲法を守る市民運動の力』)です。

  • 米民主党は、今回の歴史的中間選挙において下院で25議席以上を共和党から奪回して、下院での支配権を握り、2年前にトランプ政権になって以来初めて議会での召喚権を獲得しました。この選挙の翌日、トランプがジェフ・セッションズ司法長官を更迭したことで、多くがトランプとリチャード・ニクソン元大統領を比較しています。11月7日、CNNのジェイク・タッパーは、セッションズ解任は「土曜の夜の虐殺をスローモーションで数か月かけてやっている」新たな一章のようだと語りました。「土曜の夜の虐殺」とは1973年、ウォーターゲート事件を捜査中だった特別検察官を解任するようリチャード・ニクソン大統領に命じられた当時の司法長官エリオット・リチャードソンと司法副長官が辞任した有名な事件です。ニューヨーク選出の元下院議員で、ニクソン大統領弾劾を決めた下院司法委員会の一員でもあったエリザベス・ホルツマンに話を聞きます。ホルツマンの新著はThe Case for Impeaching Trump(『トランプ弾劾への根拠』)です。米国自由人権協会(ACLU)の全米法務部長でジョージタウン大学ローセンターの法と公共政策学教授であるデイビッド・コールにも話を聞きます。コールの新著はEngines of Liberty: The Power of Citizen Activists to Make Constitutional Law(『自由の構築者--憲法を守る市民運動の力』)です。

  • 今回の米国中間選挙では、2人の先住民女性が下院議員として歴史的当選を果たしました。民主党のシャリース・デイビスはカンザス州第3選挙区で現職のケビン・ヨーダーから議席を奪い、ニューメキシコ州第1選挙区では民主党のデブ・ハーランドが共和党候補のジャニス・アーノルド=ジョーンズを破りました。2人は今回米史上初めて100名を超えた女性下院議員の仲間入りをします。デブ・ハーランドに議会での抱負、全米各地で先住民女性が行方不明になったり、殺害されている深刻な問題、そしてドナルド・トランプ弾劾を求めていくつもりかについて話を聞きます。

Syndicate content