« 前  

2018年10月15日(月)

  次 »
  • ワシントンポスト紙のコラムニストで著名ジャーナリストのジャマル・カショギがトルコのイスタンブールにあるサウジ領事館に入った後、行方不明になって2週間近くが経過しています。サウジアラビアは、トルコ当局に対し領事館を15日午後に捜査することを許可しました。10月2日以降、カショギの姿を見た人はいません。トルコ当局の捜査は、カショギのショッキングな失踪についてサウジアラビアに説明を求める声が国際的に高まっている最中でした。トルコ当局は、カショギを殺害し遺体をばらばらに切断して領事館から持ち出したのはサウジアラビアだと非難しています。トランプはCBSの番組「60 ミニッツ」のインタビューで、サウジアラビアがこの事件について責任があることが判明すれば、「重大な結果」に苦しむことになるだろうと述べました。しかしトランプは一方でサウジアラビアへの兵器販売を終わらせることには反対すると繰り返し述べ、これらの兵器は米国企業に1100億ドル相当をもたらすと主張しています。トランプの脅しに対しサウジアラビア外務省は、「何らかのアクションを受けたら、それ以上のアクションで返す」と応えました。サウジアラビアは、カショギが領事館で殺害されたことを否認しています。サウジアラビアの体制反対派で「湾岸情勢研究所」(Institute for Gulf Affairs)の創設者代表のアリ・アル=アフメドと話します。アフメドは14歳の時、当時最年少の政治囚となりました。

  • トランプ政権は、米国・メキシコ国境で移民の子どもを強制的に家族から分離する政策の再開を検討していると伝えられています。幅広い批判を招いた前回の措置によって家族離散となった全体の人数はいまだにわかっていません。アムネスティ・インターナショナルが新たに発表した報告によれば、入国管理当局は4月から8月までに約6000家族を分離、これまでに考えられていたよりもずっと多い子どもや親が被害を受けていたとみられます。トランプ政権の当局者は、亡命を求める家族を最長20日間拘束し、その後、親に対して、移民案件の手続きが進む数カ月から数年を子ども一緒に拘束されて過ごすか、子どもを政府の避難所に送り、親族などが後見人となれるようにするかを強制的に選ばせる計画を検討しています。「アメリカ自由人権協会」(ACLU)の移民の権利プロジェクトの副代表を務めるリー・ゲラーントに話を聞きます。ゲラーントは、トランプ政権の家族分離政策に反対するACLUの全米キャンペーンを率いる弁護士です。

  • フランシスコ教皇は、エルサルバドルのオスカル・ロメロ大司教を聖人として宣言しました。貧しい人や虐げられた人のために戦ったロメロは1980年、米国の支援を受けた右翼の暗殺部隊に殺されました。米国が支援する残忍な軍事政権期の初期でした。フランシスコ教皇は、ロメロが暗殺されたときにつけていた血に染まったロープベルトを身に着け、ロメオは自身の命を顧みることなく、貧しい人々や信徒らに寄り添おうとしたと称賛しました。人権弁護士でAssassination of a Saint: The Plot to Murder Óscar Romero and the Quest to Bring His Killers to Justice”(『聖人の殺害:オスカル・ロメオの殺害計画と殺害者を裁くための戦い』)の著者であるマット・アイゼンブラントに話を聞きます。アイゼンブラントは、ロメロ殺害について唯一の判決をもたらした裁判チームの一員を務めました。

Syndicate content