« 前  

2018年9月18日(火)

  次 »
  • 連邦最高裁判事候補のブレット・カバノーが、高校生時代に、パーティーで15歳の少女をレイプしようとしたという告発を受け、上院司法委員会のチャック・グラスリー委員長は9月17日に新たな公聴会を開くことを発表しました。カバノーと、告発者である大学教授のクリスティン・ブラジー・フォードの双方が宣誓した上で証言する予定です。カバノーに対する告発が波紋を広げる一方で、ライアン・グリムがインターセプト誌に発表した新たな記事では、弁護士のサイラス・サナイが、やはりカバノーを告発しようとした連邦裁判所の複数の職員の代理として上院議員のチャールズ・グラスリーとダイアン・ファインスタインに何度も連絡をとろうとしたことを明らかにしています。これらの職員たちは、不祥事を起こした第9巡回控訴裁判所のアレックス・コジンスキ元首席裁判官の事務官だったカバノーの職務について話をしたがっていました。コジンスキ―は少なくとも15人の女性への性的嫌がらせによって告発されたことを受け2017年に辞任しました。しかし、サナイはグラスリーとファインスタインから1度も返事をもらいませんでした。カバノーはコジンスキーが性的に不適切な行動をしたところを直接見たことはないと繰り返し述べてきました。インターセプト誌のワシントンDC支局長であるライアン・グリムに話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは”Attorney Sent Letter to Chuck Grassley and Dianne Feinstein Claiming Federal Court Employees Willing to Speak About Brett Kavanaugh”(「弁護士がチャック・グラスリーとダイアン・ファインスタインに連邦裁判所の職員たちがブレット・カバノーについて話したいという書簡を送付していた」)です。

  • ハリケーン「フローレンス」は山場を越えましたが、地方当局は南北カロライナ州とバージニア州の住人たちにとっても最も危険な洪水はこれからだと言っています。数千人が自宅からの避難命令を受け、さらに数百人以上が増水からの救助を求めています。しかし滞在許可を持たない移民たちは、助けを求めることで移民局の法執行対象となることを恐れています。一方、トランプ政権は、こう留施設や強制送還費用の支払いのため、連邦緊急事態管理局(FEMA)の予算から約1000万ドルを移民税関捜査局(ICE)に再配分しました。「幼少期に米国に到着した移民への国外退去一時延期措置」(Deferred Action for Childhood Arrivals program:DACA)の受益者で、 ノースカロライナ州グリーンボロを拠点とし「シエンブラNC」(Siembra NC)とアメリカ・フレンズ奉仕団の世話人であるローラ・ガルドゥニョ・ガルシアと、「収容行為監視ネットワーク」(Detention Watch Network)の政策部長であるメリー・スモールに話を聞きます。

  • 9月第3週は、ウォール街占拠運動(Occupy Wall Street)の7周年で、世界的な金融危機の始まりのきっかけとなった米投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破たんから10年です。この金融危機は、ウォール街占拠運動のほか、スペインのM-15運動、ギリシャの反緊縮運動を含む大規模な世界的反資本主義運動の引き金ともなりました。「これらの出来事の記念日にほとんど何もしないということに驚かされます」と、作家で活動家のネイサン・シュナイダーは言います。「あの経済危機の原因に真剣に取り組むことを何もしてこなかったことを、われわれは自覚しているのだと思います。」シュナイダーの新刊は、2008年の金融危機以来再び盛り上がりを見せている、共同所有に基づいた経済の代替モデルについて説明しています。この本のタイトルはEverything for Everyone: The Radical Tradition That Is Shaping the Next Economy(『すべての人にすべてのものを:次世代の経済を形作る急進的な伝統』)です。

Syndicate content