« 前  

2018年5月9日(水)

  次 »
  • トランプ大統領がイラン核合意からの米国の離脱とイランへの制裁の再開を表明してから一日が経ち、欧州諸国はイランとの歴史的な核合意を保守すべく、奔走しています。2015年の核合意は、米国と5大国及びイランとの間で結ばれました。オバマ前大統領は、トランプ大統領の離脱決定を重大な誤りと呼び、今後中東で新たな戦争を引き起こしかねないと警告しました。これに対してイランのハッサン・ロウハニ大統領は、イランは当面、核合意の順守を続け、新たな核合意を結ぶ意向はないとしています。2人のゲストから詳しく話を聞きます。トリタ・パルシは、全米イラン系アメリカ人会議(National Iranian American Council)の創設者兼代表で、近著にLosing an Enemy: Obama, Iran, and the Triumph of Diplomacy(『敵を失う:オバマ、イラン、そして外交の勝利』)があります。 メディア・ベンジャミンは、コードピンクの共同創設者で、近著にInside Iran: The Real History and Politics of the Islamic Republic of Iran(『イランの内幕:イランのイスラム共和国の歴史と政治の真実』)や、Kingdom of the Unjust: Behind the U.S.-Saudi Connection(『不正の王国:米国・サウジコネクションの裏側』)があります。

  • 全米イラン系アメリカ人会議(National Ira汚名るトリタ・パルシは、イラン核合意を擁護したことで、イスラエルの民間諜報会社「ブラック・キューブ」のターゲットにされたと話しています。この会社は、イラン核合意の交渉にあたったオバマ政権の高官に対する「汚名作戦」キャンペーンを画策する目的で雇われました。英ガーディアン紙は、トランプの側近がブラック・キューブを雇ったと報じていますが、ニューヨーク・タイムズ紙は、雇い主が誰だったかはまだ不明としています。ブラック・キューブが汚名を着せて評判を落とそうと狙った調査対象者には、オバマ政権で国家安全保障政策の副補佐官であったベンジャミン・ローズや、ジョー・バイデン副大統領の安全保障政策の顧問であったコーリン・カールが含まれています。ブラック・キューブは、モサド(イスラエル諜報特務庁)などイスラエルの情報機関の元職員で構成される会社です。ハリウッドの映画プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタインが、レイプやセクハラを重ねてきたことを暴露されそうになった時、記事の発行を止めるために雇ったのも、この会社でした。

  • トランプ大統領は8日、前任者オバマ前大統領が尽力した2015年の歴史的なイラン核合意から米国は離脱すると発表しました。同日、トランプ政権の新国務長官マイク・ポンペオはトランプ大統領と北朝鮮の指導者、金正恩との歴史的直接会談の最終調整を行なうため、北朝鮮に飛びました。トランプ大統領、イラン核合意、核兵器の拡散や核戦争の回避について、コードピンクの共同創設者メディア・ベンジャミンから詳しく聞きます。ベンジャミンは、Inside Iran: The Real History and Politics of the Islamic Republic of Iran (『イランの内幕:イランのイスラム共和国の歴史と政治の真実』)の著者で、北朝鮮への平和代表団「ウィメン・クロスDMZ」(Women Cross DMZ)にも参加しています。

  • 8日、ウェスト・バージニア、オハイオ、インディアナ、ノース・カロライナ各州で、多くの重要な予備選を決する投票が行われました。ウェスト・バージニア州では、注目を集めた連邦上院議員選挙の共和党予備選で同州司法長官パトリック・モリセーが、エヴァン・ジェンキンス連邦下院議員と元炭鉱王ドン・ブランケンシップを破り、上院議員候補となりました。ブランケンシップは、29人の鉱夫が死亡した2010年のアッパー・ビッグ・ブランチ炭鉱事故の後、罪を問われ1年間刑に服しました。ブランケンシップは、上院の多数党院内総務のミッチ・マコーネルと彼の「中国家族(訳註:マコーネルの妻で現運輸長官のイレーン・チャオの両親は台湾から移住。父親はその後、海運業で財をなした)」を攻撃する意見広告を出し厳しい批判を受けていました。モリセーは11月に、民主党保守派の現職上院議員ジョー・マンチンと議席を争います。オハイオ州では、民主党の州知事予備選挙で、リチャード・コードレイが前連邦下院議員デニス・クシニッチを破りました。コードレイは、アメリカ合衆国消費者金融保護局の初代局長を務めました。コードレイは11月、現知事ジョン・ケーシックの引退後の知事職をマイク・デワインと争います。インディアナ州では、マイク・ペンス副大統領の兄のグレッグ・ペンスが、同州東部の下院議員共和党予備選で勝利しました。8日の予備選挙では、女性候補者も多数勝利しました。政治ニュースメディアのポリティコによれば、党員以外でも投票できる民主党の下院予備選挙で女性の候補者が立候補した選挙区が20区ありましたが、このうち17の選挙区で女性が選出されました。トランプ大統領を性的ハラスメントや暴力で告発した女性は少なくとも19人いますが、その一人であるレイチェル・クルックスが、オハイオ州の州下院議員予備選で対立候補者なしで当選しました。マザー・ジョーンズ誌の上席記者ティム・マーフィー、オンラインメディア・ハフポストの上席政治記者ケビン・ロビラードから詳しく聞きます。

Syndicate content