« 前  

2018年1月17日(水)

  次 »
  • マーティン・ルーサー・キング・デーにあたる1月15日、ニューヨーク市で、活動家ラビ・ラグビアの拘束に反対する集会が開かれ、数百人が集まりました。ラグビアは、ニューヨーク市の「新サンクチュアリ連合」(New Sanctuary Coalition)事務局長で、出頭審査に直面している何千人もの人々を支援する「付き添いプログラム」のパイオニアです。先週、自らの審査のため移民・関税執行局(ICE)に出頭した際、勾留されました。ラビの拘束により火がついた非暴力の抗議に警察は暴力的に対処し、ニューヨーク市議会議員を含む18人が逮捕されました。ラビは25年以上前にトリニダード・トバゴから米国に合法的に移住しましたが、2001年に有線通信不正行為で有罪判決を受け、グリーンカード(永住ビザ)が審査の対象になりました。米国市民と結婚し、米国生まれの娘がいますが、政府は永住権の正常化を拒否しました。また、1週間前には、ニューヨーク市「新サンクチュアリ連合」のもう一人のリーダー、ジーン・モントルビユが自宅を出たところで拘留され、16日にハイチに国外退去されました。15日、数百人がワシントン広場の周囲を抗議と祈りのジェリコ・ウォークで歩いた後、ジャドソン記念教会に集まり、ラビとジーンへの支持を表明しました。ラビ・ラグビアの擁護委員会のメンバー、リア・トリベディが、ラビの手紙を朗読しました。

  • ニューヨーク市議会議員ジュマ二・ウィリアムズは、11日、ラビ・ラグビアの護送に使われた救急車の前に立ちふさがろうとし、市議会議員のイダニス・ロドリゲスおよびその他16人と共に逮捕されました。ウィリアムズは、ジャドソン記念教会での講演で、マーティン・ルーサー・キング師から得たインスピレーションと、市民的不服従の必要性について話したばかりでした。

  • 16日、移民の権利擁護運動のリーダー、ジャン・モントルビユが、30年以上にわたり米国に居住してきたにもかかわらず、ハイチに追放されました。彼は1986年に17歳でグリーンカードを手にハイチから米国にやって来ました。クラック・コカインが蔓延した頃、コカイン所持で有罪判決を受け、11年の刑を宣告され刑期に服しました。釈放後、米国市民と結婚し、4人の子供をもち、小規模ビジネスで成功し、移民権活動家になりました。その後、刑事司法制度の対象になったことは一切ありませんでした。16日に国外追放されたジャン・モントルビユが、ハイチから番組に参加します。ジャンの元妻で、3人の子供の母親ジャニ・コーセンも加わります。

  • ニューヨーク市の「新サンクチュアリ連合」事務局長ラビ・ラグビアは、11日、移民・関税執行局の審査手続きに出頭した際、拘束されました。ラビの拘束により巻き起こった非暴力の抗議に警察は暴力で応え、ニューヨーク市議会議員を含む18人が逮捕されました。ラビは現在、フロリダで勾留され、強制送還に直面しています。「アメリカ・フレンズ奉仕団」で、長年にわたり移民権利擁護活動を行っている彼の妻エイミー・ゴットリーブに話を聞きます。

  • 番組の最後に登場するのは、滞在許可をもたない移民活動家マル・モラ・ビヤルパンドです。移民・関税執行局は移送手続を取っていますが、ビヤルパンドに言わせると、それは彼女の政治活動に対する報復です。マルは「北西部拘留センターへの抵抗(Northwest Detention Center Resistance)」という組織を主宰し、移民権利活動家として全国的に名を知られ、移民の追放と拘留に抗議する、市民的不服従の様々な活動に従事してきました。本人の話では、クリスマスの数日前に、「召喚状」を受けとりました。「家に召喚状を届けることで移民・関税執行局(ICE)は一線を越え、法執行機関から政治的抑圧機関へと正式に飛躍を遂げました。憂うべき事態です」と述べます。マルの在米居住期間は25年を超えます。

Syndicate content