« 前  

2017年11月6日(月)

  次 »
  • テキサス州サンアントニオ東部の小さな町サザーランドスプリングスのファーストバプテスト教会で5日、26人が殺害され、20人以上が負傷した銃乱射事件が起きました。容疑者はテキサス州ニューブローンフェルズに住む26歳の白人男性デビン・パトリック・ケリーと特定されました。ケリーは2010年に米空軍に入隊した経歴があります。しかし2012年には、妻子を襲ったことで軍法会議にかけられ、1年間収監された後、2014年に「不行跡」処分となり除隊しました。「不行跡除隊」は、「不名誉除隊」とは違い、ケリーが依然として銃器を合法的に購入できたことを意味します。「あらゆる街に銃規制を」( Everytown for Gun Safety)の調査責任者のサラ・トフティに詳しく聞きます。トフティのチームは、家庭内暴力と銃乱射事件との関係について新しい報告書を発表したばかりです。

  • テキサス州サザーランドスプリングスで5日に起きた銃乱射事件のデビン・パトリック・ケリー容疑者は、防弾チョッキとルガー社製の攻撃用ライフル「AR-556」を身に着けてファーストバプテスト教会に侵入、少なくとも26人を射殺し、20人以上が負傷しました。被害者の中には妊娠中の女性や14歳になる牧師の娘、5歳の子どもを最年少に複数の児童が含まれています。ケリーは妻子を襲って軍法会議にかけられ、刑に服した経歴があるにもかかわらず、2016年4月にサンアントニオのアカデミー・スポーツ&アウトドアズ店でルガー社製ライフル「AR-556」を購入しています。ケリーは身元確認の用紙に銃器購入の資格を失効させる犯罪歴はないと記入していました。銃規制と身元確認の実態について、「テキサス・ガン・センス」の副代表で広報担当のエド・スクラグスに話を聞きます。

  • テキサス州サザーランドスプリングスで5日に起こった銃乱射事件は、同州史上最悪の銃乱射事件の1つとなりました。ラスベガスではわずか1カ月前、やはり白人男性のスティーブン・パドックがコンサート客らに発砲する事件を起こし、自分を含む59人が死亡しています。銃乱射事件の大半は白人男性が起こしています。人種と白人至上主義、銃乱射事件のつながりについて、ドレクセル大学の政治学教授でDecolonizing Dialectics(『脱植民地化の弁証法』)著者のジョージ・チカリェッリョ=マーに話を聞きます。チカリェッリョ=マーは、米国の銃乱射事件はなぜいつも白人男性によって起こされるのかとの問いを発したことが原因で、大学構内への立ち入り禁止処分を受けました。

  • テキサス州サザーランドスプリングスで5日に起きた銃乱射事件はメディアに大きく取り上げられていますが、同州では9月にも別の乱射事件が起こり、こちらはほとんど注目されていません。同州プラノで別居中の夫が妻と友人らを殺害し、プラノ史上最悪のドメスティック・バイオレンス事件となった事件です。この事件では、27歳のメレディス・ハイトが自宅で友人らとNFLのカウボーイズの試合を見ていたとき、侵入してきた別居中の夫が発砲し、ハイトとほかの7人の成人が殺されました。犯人は警察によって殺されました。地元ニュースによると、ハイトは7月に離婚を届け出ていました。ハイトの母親は娘について、「友人や家族を家に招くのが好きで、その日も離婚後初めての集まりを開き、夫はそれが気に入らなかったのです」と語ります。「テキサス・ガン・センス」副代表で広報担当のエド・スクラグスと、「あらゆる街に銃規制を」( Everytown for Gun Safety)の調査責任者のサラ・トフティに話を聞きます。トフティのチームは、家庭内暴力と銃乱射事件との関係について新しい報告書を発表したばかりです。

  • 先週末1340万件という膨大な数の文書が漏洩、そこから世界で最も裕福な男たちが数十億ドルにのぼる資産をオフショアのタックスヘイブン(租税回避地)に隠している様子が明らかになりました。パラダイス文書として知られるこの文書には、トランプ政権の閣僚や顧問、主要な資金提供者十数人の関与が示されています。さらに英国のエリザベス女王の個人資産数百万ポンドがケイマン諸島のオフショア投資に隠されていたこと、カナダ首相ジャスティン・トルドーの上級顧問が数百万ドルに上るオフショアへの租税回避を助けていたことなども明らかになりました。パラダイス文書共同執筆者のフレデリック・オーベルマイヤーに詳しく聞きます。オーベルマイヤーはドイツの有力紙南ドイツ新聞(Süddeutsche Zeitung)の調査記者で、以前にはパナマ文書の調査にも取り組み、Panama Papers: The Story of a Worldwide Revelation(『パナマ文書:世界的な暴露のストーリー』)の共著者でもあります。

Syndicate content