« 前  

2017年10月17日(火)

  次 »
  • ソマリアの首都モガディシオで救助活動が続いています。10月14日、2台の大型トラックに仕掛けられた爆弾が爆発、少なくとも300人が死亡し、10年前に同国でアル・シャバブ武装組織が台頭して以来最も死者を多く出した攻撃となりました。この大惨事は「モガディシオの大量虐殺」とも、「ソマリア人にとっての9/11」とも呼ばれています。今回の爆破事件はトランプ政権がソマリアのアル・シャバブに対する軍事行動を強化した後に起こりました。ソマリア人学者のアブディ・サマタールと、ケニアのナイロビとソマリアのモガディシオを行き来するジャーナリストのアマンダ・スパーバーに話を聞きます。

  • ハリウッド映画界の大物ハービー・ワインスティーンによる性的暴行と性的嫌がらせ疑惑の波紋が広がる中、テレビ番組『セレブリティ・アプレンティス』の元出演者がドナルド・トランプの選挙事務所に対し、彼女および米大統領に不本意な性的接触をされたと訴えているすべての女性に関する全文書の召喚状をとりつけました。このことが、「#私も」(#MeToo)というハッシュタグを使った、性的暴行についての女性たちとの対話を再燃させた過程を検証し、この運動を10年前に始めた活動家のタラナ・バークに話を聞きます。「私も、という言葉はとてもパワフルです。なぜならそれは、誰かが私に対して言ってくれたことだからです。そしてそれは私の癒しの過程を軌道修正しました」とバークは言います。「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)の共同創設者アリシア・ガーザと、性と政治の接点について取材するジャーナリストのソラヤ・チェマリーからも話を聞きます。

Syndicate content